bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

auが2009年秋冬モデルと2010年春モデルを発表!

au
auが2009年秋冬モデルと2010年春モデルを発表!
auが10月19日(月)に2009年秋冬モデルと2010年春モデル合計13機種を発表しました!

AQUOS SHOT SH003 – カメラに特化したハイスペックモデル。
SH004 – 女性向けのエレガントケータイ
SH005 – au初の7色展開
AQUOS SHOT SH006 – 12Mのカメラと無線LANを搭載。
EXILIMケータイCA003 – 秒間20枚の連写機能。
EXILIMケータイ CA004 – カメラ翻訳機能を搭載!
S002 – 世界最小ワンセグケータイ
T003 – 防水スリムステンレスケータイ
SA001 – SANYOブランドケータイ
URBANO BARONE – 大人ケータイ第2弾!
BRAVIA Phone U1 – 防水BRAVIAケータイ。
mamorino – 防水機能&セコムケータイ
簡単ケータイ K004 – シニアだけでなく初心者にも。

auらしさが消えた2009年秋冬モデルと2010年春モデル。

auの2009年夏モデルでは個性的な端末が増えてこのまま行けば全盛期の頃のauのコンセプトに戻れるのではないかと思っていたんですが、今回のモデルではまたNTTドコモやソフトバンクモバイルのコンセプトの方向に寄りましたね。

確かにスタイリッシュなケータイが売れる傾向にあるんですが、だからこそauには個性的な方向へ行って欲しいですが・・・。

1台の端末のコンセプトを共有するURBANO。
そんな中でも好印象だったのはソニーエリクソン製の「URBANO BARONE」です。

第1弾の「URBANO」は好きだったんですが、今回端末がどうこうというよりは一つのシリーズを複数のメーカーで共有するという方式は面白いなと。

「URBANO」ではシャープらしいスタイリッシュなデザインでしたが、今回はラウンドフォルムを採用しており、ソニーらしさが演出されています。こういう風に一つのコンセプトでも開発を手がけるメーカーによって印象がガラっと変わるのは面白い。是非今後も続けて欲しいですね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」を買ったら設定しておきたいこと11のこと

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法
Recommendこんな記事も読まれています