アドバンスシンプルモードの「810T」

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

アドバンスシンプルモードの「810T」


「810T」は、324万画素CMOSカメラを搭載するW-CDMA/GSM対応の東芝製3G端末。

メニュー表示や文字サイズなどを使いやすいようにカスタマイズできる「アドバンストシンプルモード」を採用することで、ユーザーのニーズにあわせたパターンが用意される。手のひらに馴染みやすい、丸みを帯びた形状を採用しており、ドーム型ボタンが採用されている。

新サービスでは、ポータルサイト「Yahoo!ケータイ」や新アプリ「Yahoo! mocoa」、仮想コミュニティ「S!タウン」、フルブラウザ「PCサイトブラウザ」、「3Gお天気アイコン」「ライブモニター」「アレンジメール」「マイ絵文字」「フィーリングメール」に対応する。


アドバンスシンプルモードが魅力的です。
携帯総合研究所810Tまとめスペック

■サイズ
・約49×97×20mm

■重さ
・111g

■メインディスプレイ
・2.4インチQVGA
・240×320ドット
・最大約26万色
・TFT液晶

■サブディスプレイ
・0.8インチ
・96×39ドット
・有機ELモノクロ

■メインカメラ
・有効画素数324万画素CMOSカメラ

■サブカメラ
・有効画素数32万画素CMOSカメラ

■連続待ち受け時間
・W-CDMA網:約470時間、GSM網:約290時間

■連続通話時間
・W-CDMA網:約190分、GSM網:約320分

■外部メモリ
・microSDカード
・最大1GBまで対応

■ボディカラー
・ホワイト
・ピンク
・ブラック

■発売時期
・2006年10月下旬以降。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています