bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンクモバイル、「Wi-Fiバリュープラン」を発表。

ソフトバンク
ソフトバンクモバイル、「Wi-Fiバリュープラン」を発表。
ソフトバンクモバイルは、ケータイWi-Fiに対応した端末に「Wi-Fiバリュープラン」とiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン(i)」を2月1日(月)より提供すると発表しました。

iPhone for eveybodyキャンペーンは1月で終了。

ソフトバンク、携帯とiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン」 – 2月より提供 | 携帯 | マイコミジャーナル

Wi-Fi対応向けの「Wi-Fiバリュープラン」は月額4410円のパケット定額プランと月額使用料490円の「ケータイWi-Fi」、ケータイWi-Fi対応機種の本体価格を最大4800円割り引くという3つがセットになったもの。

iPhone向けの「Wi-Fiバリュープラン(i)」は月額4410円のパケット定額プランと月額使用料490円の「ソフトバンクWi-Fiスポット」とiPhoneの本体価格を最大1万1520円割り引くという3つがセットになったもの。

両プランともに新規契約または買い増し時に新スーパーボーナスに加入する必要があり、さらに「ホワイトプラン」または「ホワイトプラン(i)」と「S!ベーシックパック」または「S!ベーシックパック(i)」を契約する必要があります。
また、両プランともに2年の契約が必須で契約期間中に他の料金プランに変更したり、新スーパーボーナス用の販売価格以外で端末の買い増しをした場合は9975円の契約解除料が発生します。

ちなみに、新規契約時に新スーパーボーナスで購入した場合、iPhone 3GSの実質負担額は16GBモデルが0円、32GBモデルが1万1520円となります。

なお、「Wi-Fiバリュープラン(i)」の提供に伴い、「iPhone for everybody」は1月31日で終了となります。
iPhone for everybodyもiPhoneの本体価格を最大1万1520円割り引くものの、パケット定額サービスを1029円~4410円で利用できるため、パケット料金を安くあげたいのであれば2月までにiPhone for everybodyを用いてiPhoneを購入した方が良いですね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2018/07/23
ようやくau系MVNOとiPhone/iPadでテザリング可能に。mineoが10月末から対応開始

LINE Pay

2018/07/23
LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

格安SIM

2018/07/23
mineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を9月スタート。6ヶ月・月額0円のキャンペーンも

au

2018/07/23
「Xperia XZ2 Premium」の発売日は7月27日から。au版は2週遅れに
Recommendこんな記事も読まれています