ソフトバンク、「新スーパーボーナス」の詳細を明らかに。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

ソフトバンク、「新スーパーボーナス」の詳細を明らかに。

ソフトバンクは、26日にヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにて代表取締役社長の孫正義氏が「新スーパーボーナス」について明らかにした。

「新スーパーボーナス」は、分割方式で携帯端末を購入できるといった割引サービスです。新規契約・機種変更する際に契約でき、特典として、これまでのスーパーボーナスで必要だった頭金が0円になる。
その代わり、月々の利用料には、端末価格が分割して上乗せされる形になるが、同時に特別割引も適用される。

解約した際には、「(負担額+特別割引額)×残りの返済回数」といった計算式を用いて一括返済しなければならない。


さすが孫正義・・・恐るべし・・・。
このサービスを契約すれば携帯電話を新機種であっても0円で購入することが可能になる。

11月9日までは、「2年コース」のみを提供されるが、11月10日からは、新規・機種変更ともに「1年コース」「1年半コース」も契約できるようになる予定。

孫氏は、「日本の携帯電話は、高級な機種であるほど高くなるが、これを安くしたかった。そこで、新スーパーボーナスでは、どの機種でも全て頭金0円とすることで、ユーザーが一切の負担なく、端末を持ち帰れるようにした」と話している。


こりゃすげぇサービス・・・正に孫正義らしい戦略です。


スーパーボーナスというのは、前からもあったんですが、今回の新サービスでは、頭金もいらないということで完全に0円で端末を持ち帰れるんですよね。
この分割方式で携帯端末を買えるというサービス内容は、ソフトバンクにしかないものです。

この大きなサービス戦略によってMNPでソフトバンクは、予想外の結果を挙げるかもしれませんね^^

他の2キャリアには秘策的なものはなにもありません。しかし、ソフトバンクは秘策ありといった感じですよね。
前からも言っている様にMNPであげる成果というのは短期間では計れないと思います。

一番の動きが見られるのは来春でしょう。3キャリアから春モデルが発売された時の動きに注目ですね。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています