bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ポータブルWi-Fiにウイルスが混入。USB接続でPCにも感染。

ニュース

バッファローがNTTドコモやNTT東日本から発売されている「ポータブルWi-Fi」にウイルスが混入していることを明らかにしました。

「ポータブルWi-Fi」混入しているウイルスは、USBメモリやリムーバルディスクを介して感染する形式のもので、感染している「ポータブルWi-Fi」をパソコン等に接続するとパソコンがウイルスに感染するとのこと。

ウイルスに感染している製品は一部。しかし・・・

DWR-PG 不具合のお知らせとお詫び
ドコモからのお知らせ : バッファロー社製ポータブルWi-Fi「DWR-PG」をご利用のお客様へ | お知らせ | NTTドコモ
お知らせ | 通信機器サポート | NTT東日本 Web116.jp

バッファローによればウイルスに感染した「ポータブルWi-Fi」は、一部の製品とのこと。しかしながらどの製品にウイルスが混入しているかは調査中としており、現在どの「ポータブルWi-Fi」がウイルスに感染しているかがバッファローでも把握できないとのこと。

NTT東日本よりレンタルサービスとして展開されている「光ポータブル」については、対象台数が把握できており、対象になるのは8月3日~9月10日に発送された「光ポータブル タイプA」と「光ポータブルタイプB」。

ウイルスが混入されているシリアルナンバーも明らかにされており以下から確認することができます。
モバイルWi-Fiルータ「光ポータブル」の一部へのウイルス混入について(PDF)

また、ウイルスに感染していた場合、製品の初期化作業を行うことでウイルスを駆除できるとのこと。

ウイルスが混入していた原因としては、製造過程の検査にて検査用のパソコンがウイルスに感染していたことと発表しています。

「ポータブルWi-Fi」はNTTドコモのFOMA網が使えることやバッテリーの持ち時間が長いことから好評を得ていただけに今回のウイルス騒動は勿体無いですね・・・。ちなみに、NTTドコモから提供される「ポータブルWi-Fi」については販売を見合わせており、NTT東日本の「光ポータブル」については今後出荷する物についてはウイルスを除去した製品を届けるようですよ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2019/09/21
Pixel 4、新色はまた変な名前「オーソーオレンジ」か

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11の操作方法・使い方まとめ

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11 Pro/Pro Maxの価格・料金を比較。最も安いキャリアは?

iPhone 11

2019/09/20
ソフトバンク銀座で「iPhone 11」発売セレモニー。広瀬すず登場
Recommendこんな記事も読まれています