bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、Android向けに新パケット定額サービスを発表。

ソフトバンク

ソフトバンクモバイルがAndroidとWindows Mobile向けに新パケット定額サービスとして「パケットし放題S for スマートフォン」と「パケットし放題MAX for スマートフォン」を11月12日(金)より提供すると発表しました。

「パケットし放題MAX for スマートフォン」が魅力的!

「パケットし放題S for スマートフォン」
「パケットし放題S for スマートフォン」は、月額390円~月額5985円で利用できる2段階制のパケット定額サービスで、現在提供されている「パケットし放題 for スマートフォン」の下限額を下げたものとなります。

1パケットは0.084円で7万1250万(約8MB)パケットまでは従量制でそれ以降は5985円の定額になります。

現在提供されている「パケットし放題 for スマートフォン」は11月11日(木)を持って受付が終了します。

「パケットし放題MAX for スマートフォン」
「パケットし放題MAX for スマートフォン」は2011年4月30日までの期間限定での受付となります。

月額3985円~月額5985円で利用可能で、712万5000パケット(約870MB)までは下限額の3985円で利用でき、それ以降は1パケット0.084円の従量制となり、714万8800パケット(約873MB)になると上限額の5985円に達します。

「パケットし放題MAX for スマートフォン」の特徴は下限額が高いものの、上限額に達するまでのパケット量が多いことですね。ソフトバンクモバイルでは全契約者のうち約97%が毎月のパケット量が712万500パケットに満たないため、殆どのユーザーが下限額で利用できるとのこと。

「パケットし放題MAX for スマートフォン」が魅力的ですね。全く使わないことは無くてもほどほどに使う時は良くあると思いますが、今までのプランならばほどほど使っても上限額に達していたものが下限額でおさまるというのが嬉しいですね。これは申し込まなければ!

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2018/07/23
ようやくau系MVNOとiPhone/iPadでテザリング可能に。mineoが10月末から対応開始

LINE Pay

2018/07/23
LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

格安SIM

2018/07/23
mineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を9月スタート。6ヶ月・月額0円のキャンペーンも

au

2018/07/23
「Xperia XZ2 Premium」の発売日は7月27日から。au版は2週遅れに
Recommendこんな記事も読まれています