ソフトバンクが下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」を提供へ。

ソフトバンク

ソフトバンクが下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」を提供へ。


ソフトバンクモバイルが下り最大42MbpsのDC-HSDPAに対応した「ULTRA SPEED」を2011年2月下旬以降に開始すると発表しました。

DC-HSDPAは、隣接する帯域を利用することで最大21Mbpsの通信速度を2倍に引き上げるというもの。

2010年4月に取得した1.5GHzを利用。

ULTRA SPEED | ソフトバンクモバイル

ソフトバンクモバイルでは、NTTドコモが12月下旬から提供する下り最大37.5Mbps(一部屋内では75Mbps)の「Xi」とauが提供する下り最大9.2Mbpsの「WIN HIGH SPEED」を引き合いに出し、最大の通信速度での優位性をアピールしました。

今季の新製品発表会では、ルーターの「007Z」や法人向けのUSB型データ端末「004Z」、USB型のデータ端末「005HW」の3機種を発表。一般の携帯電話には2011年以降に対応させるようです。

ソフトバンクモバイルの回線状況を考えると本当にそれだけの速度が出るのか心配ですが、2010年4月に取得した1.5GHzを利用するため、帯域に余裕があるとのことです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/02/28
違いは?ahamo/povo/LINEMOを比較

Google Home/Nest

2021/02/27
新型Nest Hub、Soliチップ搭載で空中ジェスチャに対応か

NTTドコモ

2021/02/27
ahamo、音声定額込みで料金値下げか。週明けにも発表

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」
Recommendこんな記事も読まれています