bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク「0円」宣伝に警告、ドコモとauには注意

ニュース

ソフトバンク「0円」宣伝に警告、ドコモとauには注意

公正取引委員会は、12月11日、ソフトバンクの「通話・メール0円」などという広告表示について、景品表示法違反の恐れがあるして警告した。
ドコモとauの広告に対しても、同法違反で注意した。

ソフトバンクモバイルは、「通話0円」「メール0円」「端末全機種0円」などととする言葉を使って新聞などで宣伝を展開していた。
しかし、通話やメール、携帯端末を無料で購入するにはさまざまな条件や契約を交わさなければならず、その条件や契約基準を表示する注意書きが小さく書かれていたため、同委員会は「公正な競争を阻害するおそれがある」と判断し警告した。

ソフトバンクは11月2日に、注意書きの文字の大きさの変更や、テレビCMから無料をほのめかす文字の削除などの対応策をとっていた、警告に対しては「厳粛に受け止め、今後とも分かりやすい表示を行うよう務める」とコメントしている。

ドコモに対して同委員会は、「ファミ割ワイド」「2カ月くりこし」の新聞広告やテレビCMが消費者の誤解を招く恐れがあるとみなして注意。auに対しては「MY割」「無期限くりこし」の新聞広告や車内広告の条件の記載が分かりにくかったとして注意した。


ユーザーが気をつけて注意書きを読むべきだとも思いますが。
通話やメールが0円になるには条件があると思うのが普通ではありませんか?
ましてや、端末が0円で買えるなんてことは絶対ありえません。

なんで0円で買えるのか、利用できるのか?と考えるのが普通では無いでしょうか?

他の2キャリアに対しての注意はCMを詳しく見ていないのでなんともいえませんが、両広報部のコメントです。

■ドコモ広報部
「真摯に受け止め、よりわかりやすい適切な表示にしていきたい。これまでも行なってきたことだが、景表法や自主的な基準をあらためて見直し、同じようなことがないようにしていく。現在展開している広告については、今後どのように取り扱うか検討するとしている」

■KDDI広報部も「内容を真摯に受け止め、ユーザーに対してわかりやすい表示に努めていく」

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2020/02/20
au PAYの毎週10億円還元、今度は“1日あたり最大6,000ポイント”の上限追加

Android

2020/02/20
「Android 11」のプレビュー版が登場。正式配信は’20年7月以降に

NTTドコモ

2020/02/19
ドコモ、クレカ払いなら分割購入でもSIMロック即解除可能に

キャッシュレス

2020/02/19
セブンイレブン、FeliCa非搭載スマホでもタッチ決済(NFC)可能に
Recommendこんな記事も読まれています