au、国内初のWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「IS12T」を発表!

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:25

au、国内初のWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「IS12T」を発表!


auが国内初のWindows Phone 7.5を搭載した富士通東芝製の「Windows Phone IS12T」を発表しました!

発売日は9月移行を予定しており、明日からKDDIデザイニングスタジオとau NAGOYAで展示されます。

防水、防塵機能のサポートも。

「Windows Phone IS12T」は、メインディスプレイに約3.7インチの800×480ドット、TFT液晶を採用。もちろんタッチパネル式となっています。
カメラには1320万画素のCMOSカメラを搭載しています。

その他にもBluetooth 2.1+EDRやWIN HIGH SPEEDをサポート。ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信といった日本独自機能の非対応となっています。

また、キャリアメールについては発売日当初は利用できませんが、10月に行われるアップデートで提供予定。

端末のサイズは約59×118×10.6mmで、重さ約113gとスリムで軽量ながらも防水、防塵といった機能に対応しています。

「Windows Phone IS12T」に採用されるWindows Phoneは昨年発表されたばかりの全く新しいOSで、7.5から日本語に対応しました。
Windows Phoneの特徴は、ミュージックプレイヤーのZune HDに採用されているMetro UIを採用しており、ユーザーが簡単にやりたいことに到達できることやWindows PCとの高い親和性がWindows Mobileから引き継がれていることでしょうか。

日本独自機能は対応しないものの、防水・防水機能や1320万画素のカメラを備えるなど、ハイスペックなモデルとなっていますね。AndroidとiPhoneの人気に割って入れるのか注目です。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています