bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、900MHzの獲得で7月末からiPhoneを含む携帯電話において電波改善へ。

ソフトバンク
photo by Yutaka Tsutano
昨日、ソフトバンクモバイルに900MHz帯の割り当てが決定しました。孫社長は7月末よりこれから発売される携帯電話とiPhoneの電波改善が行われるとしています。


また、ソフトバンクモバイルが総務省に提出している計画書によれば、割り当てられる15MHzの5MHzを利用してHSPA+方式のサービスを提供するとのこと。また、残りの10MHzについては、現在利用されているMCA無線の移行が終了してからソフトバンクモバイルへ割り当てが行われるため、少し間が空いて2014年7月からLTE方式のサービスを提供する予定となっています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2020/09/30
楽天、5G対応の独自スマホ「Rakuten BIG」発売。カメラ内蔵ディスプレイ採用

楽天モバイル

2020/09/30
速報:楽天、5G料金プラン発表。他社よりも7割安い料金に

Pixelの噂・最新情報

2020/09/30
Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」
Recommendこんな記事も読まれています