bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone5は3.95インチ、解像度1136×640ピクセルのディスプレイを搭載?

iPhoneの噂・最新情報
Photo By theHalo
発売日とディスプレイの大きさばかりが話題になるiPhone5ですが、今回もディスプレイに関する噂です。
情報元
Likely next-generation iPhone with 3.9-inch display, 1136 x 640 resolution in testing | 9to5Mac | Apple Intelligence

9to5Macによると、Appleが本社周辺でデザインを隠した上で動作検証を行なっているとのこと。
また、検証が行われているiPhoneは「N41AP(iPhone 5.1)」「N42AP(iPhone 5.2)」といったコードネームが名付けられているようです。

さらに、動作検証が行われているiPhone5には3.95インチ、1136×640ピクセルのディスプレイが搭載されており、インチ・解像度ともにスペックアップしていてiOS 6ではiPhone5の新しい解像度に最適化され、ホーム画面に表示できるアプリは4列から5列に変更されるとのこと。

WWDC2012でiOS6の詳細が明らかになると噂されています。高解像度への対応やアプリアイコンの設置数の増加はWWDCで明らかになるかもしれませんね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ

スマホアプリ

2018/12/15
ポケモンGO、19日から年末年始イベント開催。XP・アメ・ほしのすな2倍、ふかそうちは毎日配布
Recommendこんな記事も読まれています