bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、「スマホ下取りプログラム」の対象機種と下取り価格を値上げ。

ソフトバンク

ソフトバンクモバイルは9月14日に発表した「スマホ下取りプログラム」の対象機種を追加することと、下取り価格の改定を行うことを発表しました。
「スマホ下取りプログラム」の対象機種は「iPhone 3G」「iPhone 3GS」「iPhone 4」「iPhone 4S」とされていましたが、これらに加えて「X06HT」や「X06HTⅡ」「001HT」「001DL」「101DL」が追加されました。

下取り価格については以下の表の通り変更となります。


下取りの条件に関しては「電源が入る」「ディスプレイに破損がないこと」など正常に動くことが条件となります。下取り実施期間は9月21日から11月30日まで。

ちなみに、下取り金額は毎月の請求金額から割引かれる形で支払われます。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表
Recommendこんな記事も読まれています