bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、iPhoneの下取りサービスに対して警視庁が指導。

ソフトバンク

ソフトバンクが9月21により開始した「スマホ下取りプログラム」に対して古物営業法違反の恐れがあるとして警視庁が指導していたことが明らかになりました。
情報元
ソフトバンクの下取りプログラム、受付方法を変更 – ケータイ Watch

警視庁ではソフトバンクモバイルが中古品を扱うために必要な古物商の許可を持っていない状態で「スマホ下取りプログラム」を開始したため、指導を行ったとのこと。

ソフトバンクモバイルでは指導を受けて、古物商の許可を持っているグループ会社のソフトバンクテレコムが下取りする形式に変更して対応し、既に下取りした機種に関しては今後対応を決めるようです。

既に下取りしたものに関しては対応が決まっていないとは・・・。下取りできない、戻ってこないとしても何らかの対策は打たれるでしょうがなんともお粗末ですね・・・。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています