KDDI、携帯電話事業でミャンマーに進出を検討

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

KDDI、携帯電話事業でミャンマーに進出を検討


国内でauを展開するKDDIが携帯電話事業でミャンマーへの進出を検討していることが明らかになりました。
情報元
朝日新聞デジタル:KDDI、携帯でミャンマー進出検討 初の外資参入へ – 経済・マネー

サービスだけでなく、インフラの構築も

KDDIと住友商事が携帯電話事業においてミャンマーへの進出を検討していることが明らかになったと、朝日新聞が伝えています。
KDDIはKDD時代の1995年にモンゴルの携帯電話事業に参入しており、ミャンマーへの進出が実現すれば携帯電話事業における海外進出は2カ国目となります。

ミャンマーの携帯電話市場は国営会社が独占状態にあり、携帯電話の普及率は約5%とKDDIや住友商事にとって可能性ある市場のようです。

また、KDDIと住友商事はミャンマー政府が実施する通信事業の入札に参加する移行を示しており、携帯電話のサービスだけでなく、インフラの提供まで行うようです。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています