bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモ、2013年1月の携帯電話契約数で再び純減に。

ニュース

TCAが2013年1月の携帯電話・PHS契約数を発表しました。iPhoneを取り扱うソフトバンクモバイルは純増数でトップ、auはMNPの転入超過数でトップとなり、好調をキープする一方でNTTドコモは2012年11月以来となる純減を記録しました。
情報元
事業者別契約数(2013年01月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

Kindleの売り上げが純減に直結?

2013年1月の携帯電話・PHS契約数ではソフトバンクモバイルが23万1600件、auが16万7500件、NTTドコモが-1万2900件の純減を記録しました。

主要3キャリア以外にはWireless City Planningが14万5400件、UQコミュニケーションズが5万5400件、PHSではウィルコムが4万3600件を記録しており、NTTドコモが唯一純減を記録することとなっています。

また、NTTドコモが純減を記録するのは今回で4回目。2012年12月はKindleの影響もあって23万5100件と純増を記録したものの、再び純減となってしまいました。

端末は売れるものの、顧客流出が止まらないドコモ

MNPではauが8万3900件、ソフトバンクモバイルが6万1800件で転入超過となる一方で、NTTドコモは14万4700件の転出超過となりました。

一方でIGZO液晶を搭載し、省電力を実現した「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」や「Xperia AX SO-01E」が販売ランキングでiPhone5を上回るなど好調を示しており、既存のドコモユーザーでは買い替えが頻繁に行われていることがわかります。

転出超過を記録してしまった要因としては、iPhone5への乗り換えや相次ぐ障害により既存顧客の囲い込みができなくなってしまったことが挙げられるとおもいます。

いよいよ明日2月9日はiPhoneキラーとされる2013年春モデルの「Xperia Z SO-02E」が発売されます。販売ランキングでは上位にランクインすると思いますが、MNPで転出超過を食い止められるかどうか注目ですね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2018/10/17
Apple渋谷、オープン前に巨大なイルミネーションとして姿を現す

NTTドコモ

2018/10/17
1つの電話番号をスマホと共有できる「ワンナンバーフォン」が10月下旬発売

Android

2018/10/17
ドコモ、Android 9 Pieのアップデート機種を発表

NTTドコモ

2018/10/17
実質1万円、世界最薄・最軽量の4Gケータイ「カードケータイ」が11月下旬発売
Recommendこんな記事も読まれています