bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

廉価版iPhoneは「iPhone mini」それとも「iPhone Air」?ーアナリストが6月発表と予想

iPhoneの噂・最新情報

Photo By keisasaki
廉価版iPhoneの噂としてボディにプラスチックな素材が採用され、現行モデルよりも安価で提供されるなどと噂されていますが、今回お伝えするのは廉価版iPhoneに関するアナリストの予想です。
情報元
Insiders “now confident” Apple will launch lower-priced, lightweight iPhone as early as June

廉価版iPhoneの名称は「iPhone mini」?「iPhone Air」

Apple Insiderによれば、アナリストのBrian White氏が廉価版iPhoneは「iPhone mini」または「iPhone Air」という名称で6月にも発表されると報告しています。

同氏の報告によれば廉価版iPhoneには安価な部品が用いられるため、現行モデルよりも安い250ドル〜300ドルー日本円で約2万3000円〜約2万8000円といった価格で販売するだろうとしています。

今回はあくまでもアナリストの予想なのでどこから情報が漏れたというリーク情報ではないので信憑性については語るべきではありませんが、廉価版iPhoneの名称は確かに気になりますね。

廉価版iPhoneにはiPhone5から小型化されるという噂もあって、「iPad mini」にならうとするなら「iPhone mini」というモデル名が有力ですかね。

カッコ良さから言えば「iPhone Air」だと思いますが、Appleが製品名に用いるAirの意味は薄さとかコンパクトといったボディサイズではなく、ワイヤレス化を示していると思うんですよね。MacBook Airのおかげでそんなイメージがついてますけど。

実際に製品名に同じAirがついたAirMacのコンセプトもさまざまなコンテンツをケーブルレスで楽しむってところにありますから。なので、廉価版iPhoneが「iPhone Air」として発表される可能性は限りなく低いのではないかと思います。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2019/04/23
メルペイにあと払いが登場。翌月にコンビニやATMで支払い可能に

スマホアプリ

2019/04/23
+メッセージ、公式アカウント提供へ。レストラン予約や住所の一括変更など可能に

LINE Pay

2019/04/23
iOS版「LINE Pay」アプリの配信開始。超Payトク祭りの上限額が1万円に

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/04/23
最大100W出力のUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」が発売
Recommendこんな記事も読まれています