au、NFCにて15社と連携することを発表ー決済サービスを2013年度にも提供へ!

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

au、NFCにて15社と連携することを発表ー決済サービスを2013年度にも提供へ!


Photo By BeauGiles
携帯電話やスマートフォンで購入する商品の代金を支払ったり、会員証代わりになるなどもの凄く便利なおサイフケータイ。おサイフケータイに用いられる規格は、日本国内ではFelica、海外ではType A/Bが普及していますが、今後は「NFC」が主流となります。

auは、このNFCにて国内外15社と連携して様々なサービスを提供していくと発表しました。
情報元
15社との連携により、モバイルNFCサービスの普及を促進 〈別紙〉 | 2013年 | KDDI株式会社

クレジットは2013年度中に、Suicaなど交通系は提供時期未定

最も注目されるクレジットではMasterCardが「PayPass」を、VISAが「Visa payWave」を2013年度にも提供を開始する予定。

両サービスでは世界中の加盟店にておサイフケータイをタッチするだけで支払いが可能なサービスとなります。

交通系でJALが昨年よりNFC対応のスマートフォンをタッチするだけで登場可能な「JALタッチ&ゴー」を提供していますが、電車などの鉄道系については今後の提供予定などは明らかにされていません。

この他にもソニーがNFCに対応したオーディオ機器とスマートフォンをタッチするだけでBluetooth接続が可能になるワンタッチリスニング機能やスマートフォンに保存された写真や動画などをNFC対応機器に保存するワンタッチバックアップ機能を2013年3月上旬にも提供を開始するようです。

これまでは「GALAXY」や「Xperia」など人気シリーズのグローバルモデルでは利用することのできなかった決済機能などを国内外向けを気にすることなく利用できるのは嬉しいですね。

また、「PayPass」や「Visa payWave」が広く普及すれば、海外旅行の際のめんどくさい外貨両替も不要になるかもしれませんね。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています