パナソニック、携帯電話の新会社を設立ー携帯電話事業からの撤退を回避か

bio
Yusuke Sakakura

パナソニック、携帯電話の新会社を設立ー携帯電話事業からの撤退を回避か


以前パナソニックが携帯電話事業からの撤退を検討しているとお伝えしましたが、パナソニックは4月1日付けでパナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社を分割・再編し、同日より携帯電話端末事業のみ担当するパナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社を新会社として設立したことを明らかにしました。

携帯電話事業に特化した新会社を設立

パナソニックによると、パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社(旧PMC)から携帯電話端末事業と基地局事業を分割し、携帯電話事業のみを手がける新生パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社(新PMC)を設立し、基地局事業はパナソニックシステムネットワークス株式会社に吸収させるとのこと。

また、新PMCはAVCネットワークス社の傘下企業となり、携帯電話事業と基地局事業を分割実施後の旧PMCはパナソニック株式会社に吸収合併させることを発表しました。

パナソニックでは、新PMCを携帯電話事業に特化した企業とすることで変化に迅速に対応可能となり、事業の維持・拡大を図っていくとしています。

結局、パナソニックが携帯電話事業から撤退するということにはならないようで一安心ですね。それどころか携帯電話事業の専門企業となることで、これからはより良い製品が産まれてくることに期待したいですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています