2012年度のタブレット出荷台数シェアは、Appleが首位、「Nexus7」のASUSが3位に

Yusuke Sakakura

2012年度のタブレット出荷台数シェアは、Appleが首位、「Nexus7」のASUSが3位に


MM総研が発表した2012年度におけるタブレットの国内出荷台数にて、メーカーシェアではAppleが首位、ASUSが3位となったことがわかりました。

Appleがダントツで1位を記録

MM総研の調査結果によると、メーカーシェアではAppleが52.5%を記録。Appleは3年連続で首位を獲得しています。

ARROWSタブレットを展開する富士通はシェア8.4%で2位にランクイン、Googleと共同開発した「Nexus7」が売り上げ好調だったASUSはシェア8.3%とわずかの差で3位となっています。

第2世代「Nexus7」で巻き返しはあるか

ASUSが「Nexus7」でシェアを伸ばしたものの、やはりAppleが強いですね。

第2世代の「Nexus7」もASUSが開発を手がけると噂されていますが、その通りであれば今年度のタブレット市場はAppleとASUSがシェアを分け合うことになるかもしれませんね。

▼2012年12月では「Nexus7」が全「iPad」の販売台数を上回っていました。
ASUS、「Nexus7」でAppleの「iPad」を上回るータブレットシェア

▼Google I/Oで発表されなかった第2世代「Nexus7」はいつごろ発表されるのか気になるところです。
第2世代「Nexus7」は5月発表→7月発売か

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています