iPhone5Sのディスプレイ周りの高精細な画像が流出

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/04/29 14:32

iPhone5Sのディスプレイ周りの高精細な画像が流出


iPhone5SとiPhone Lightの図面がリークされたことを先ほどお伝えしましたが、今度はiPhone5Sのフロントパネルおよびディスプレイ周りの高精細な画像が流出していました。

iPhone5SのデザインもサイズもiPhone5と近しいものに!?

iPhone5Sの画像を流出させたのはFanaticFone。画像は数枚掲載されていましたが、内部に搭載されているパーツには明確な違いがあることがわかるものの、正面からとらえた図からはデザイン、ディスプレイサイズの違いはわかりませんでした。


ちなみに、BGRによれば内部に搭載されているパーツの違いは指紋認証センサーを搭載するために必要なスペースを作り出すためのものと伝えています。

一見、iPhone5よりもケーブルが長くなりスペースも狭くなるのではないかと思ってしまいますが、コネクタの形状も変化しておりそれによって接続先の機器がコンパクトになるのかもしれませんね。

ちなみに、これまでパーツごとの画像が流出した例はありましたが、パーツが1つの大きな部品に組み上げられた高精細な画像は流出したことはありませんでした。iPhone5Sの発表が噂される9月までは約2〜3ヶ月となりますが、これから上記のような画像が流出する機会も多くなるかと思います。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています