ソフトバンク、米スプリント・ネクステルの買収を完了。世界3位のグループに。

ソフトバンク

ソフトバンク、米スプリント・ネクステルの買収を完了。世界3位のグループに。


ソフトバンクが7月10日に米の携帯電話事業者であるスプリント・ネクステルの買収を完了したと発表しました。これにより、ソフトバンクの携帯電話事業の売上高はチャイナ・モバイル、ベライゾン・ワイヤレスに次いで世界3位となりました。

孫氏は会長に。1.6兆円の投資予定も。

ソフトバンクはスプリントの株を78%取得して同社を子会社化、スプリントの会長に孫正義氏が就任することとなりました。CEOは引き続きダン・ヘッセ氏が務めるとのことです。

スプリントのLTEは米でトップシェアを誇るベライゾン・ワイヤレスに大きく遅れを取っており、ソフトバンクは1.6兆円を投資してLTEのインフラを整え、2年間でベライゾンに追いつきたいと日本経済新聞のインタビューにて明らかにしています。
スプリントは米2強にLTEの展開で出遅れている。最大手のベライゾンは3月末時点のLTE対象地域が大都市を中心に491とスプリントの88を大きく上回る。

日本と同様に米国でもスマホの普及でデータ通信量が急増。つながりにくくなる例が増え、消費者が通信品質をより重視するようになっている。高速通信エリアを増やし「2年くらいでベライゾンに追いつきたい」(孫社長)という。

引用元:ソフトバンク、米で1.6兆円投資 高速通信網を整備  :日本経済新聞

携帯電話事業に参入する際にはボーダフォンを買収し、iPhoneをいち早く日本で販売するなどして再生、7月にはウィルコムの再建計画を完了させるなど、次々と立て直しを再生させてきたソフトバンク。スプリントは米のキャリアということで勝手は違うものの、買収発表時にはボーダフォンを再生するよりも簡単と豪語しており、そのとおり容易に立て直せるのか今後の動きに注目したいですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2021/03/01
速報:PayPay、LINE Payの事業統合へ協議開始。22年4月に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo変更後はドコモオンラインショップで予約不可。新機種の購入困難に?

ワイモバイル

2021/03/01
ワイモバイル、3月17日からeSIM開始。最短1時間で利用可能に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売
Recommendこんな記事も読まれています