bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

KDDI、2014年夏モデルで下り最大220Mbpsのスマートフォンを投入へ

au
KDDI、2014年夏モデルで下り最大220Mbpsのスマートフォンを投入へPhoto By Intel CES 2008
日本経済新聞によると、auは2014年夏に下り最大220Mbpsに対応したスマートフォンを投入するとのこと。

現在、auで提供されているLTEは下り最大75Mbps(一部地域に限り100Mbps)となっており、現在の2倍〜3倍の通信速度を実現することになります。

WiMAX 2+で下り最大220Mbpsを実現

日本経済新聞によると、下り220Mbpsの通信速度はグループ会社が手がける新技術を利用して実現され、LTEとの同時利用が可能とのことです。
グループ会社が手がけるデータ通信専用サービスに220メガビットの新技術を導入。基地局設備を改良し、新たな部品を組み込んだスマホを開発し、LTEとデータ通信専用サービスの両方を利用できるようにする。新型スマホは米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載。KDDI契約者(約3860万人)が申し込める。

引用元:KDDI、光回線より速いスマホ発売 14年夏にも  :日本経済新聞

日本経済新聞では新技術の名称を明らかにしていませんが、「グループ会社が手がける新技術」「LTEとデータ通信専用サービスの両方を利用できるようにする」としていることから、UQ WiMAXが今年10月にも提供を開始する「WiMAX 2+」のことかと思います。

「WiMAX 2+」は、サービス開始当初下り最大110Mbpsで提供されますが、2017年には下り1Gbpsまで高速化すると発表されています。

下り220MbpsのWiMAX 2+に何が期待できるか

光回線よりも速い通信速度(1Gbpsを超えるサービスもありますが、一般的に普及しているのは100Mbps〜200Mbps)を実現してどんなメリットや期待点があるのか気になるところですよね。

LTEで通信速度よりも帯域がどれだけ空いているかという方が重要なことがわかったので、ただ単に速いということよりも比較的帯域が空いているWiMAX 2+で下り220Mbpsを実現するというところに期待できるのではないかと思います。

もう1つは、現在提供されているWiMAXには1ヶ月でデータ通信量が7GBを超過した場合に通信速度が低下するなどの制限がないということ。規格的には異なるためWiMAX 2+だけ制限がかかる可能性は十分にありえますが、個人的には最も期待したいところです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2018/08/21
Apple、10月もイベント開催か。4年ぶりの新型「Mac mini」が年内発売?

Pixel/Nexusの噂・最新情報

2018/08/21
Google Pixel 3 XL、発表前に実機が目撃される

iPhoneの噂・最新情報

2018/08/21
新型iPhone、発表日・予約開始日まであと3週間?

Apple Watch

2018/08/20
近日発売か「Apple Watch Series 4」の存在が明らかに
Recommendこんな記事も読まれています