新型iPhone、液晶モデルはシングルカメラ/アルミフレームなど廉価版に

bio
Yusuke Sakakura

新型iPhone、液晶モデルはシングルカメラ/アルミフレームなど廉価版に

Photo by Benjamin Geskin

今年秋に発売と噂されている新型iPhoneは全3モデルラインナップで、うち1機種は液晶ディスプレイを搭載した低価格版となるようだが、性能や機能はかなり抑えたものになるようだ。

6.1インチ液晶モデルは低価格で性能控えめに

新型iPhone、液晶モデルはシングルカメラ/アルミフレームなど廉価版に

実績あるKGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuoによると、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルは3D Touchにも対応せず、一眼レフのような背景ぼかしを適用できるポートレートモードが利用できないシングルカメラを搭載する。ボディはアルミフレームでバッテリーも大容量のL字型ではなくiPhone 8のような形状でメモリ(RAM)は3GBになるようだ。

以前、Kuoは6.1インチの液晶モデルは販売価格を650〜750ドルと予想していたが、今回はやや高めの700〜800ドルに予測を変更している。

このほかにも6.1インチの液晶モデルは、顔認証「Face ID」に対応するほか、JDI製の「フルアクティブ」を採用することでiPhone Xと同じベゼルレスディスプレイになると予想されている。ただし、金属ボディを採用するためワイヤレス充電にも対応しない可能性が高い。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています