bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモが2年ぶりに純増数トップに!ソフトバンクは2年連続純増数トップならず

ニュース
ドコモが2年ぶりに純増数トップに!ソフトバンクは2年連続純増数トップならず
TCAが2013年12月度の携帯電話やスマートフォン、PHSの契約数を発表しました。

これまでソフトバンクモバイルが1年11ヶ月連続で首位を記録しており、あと1ヶ月首位を獲得すれば2年連続純増数トップの快挙達成となるところでしたが、ドコモが2年ぶりに純増数トップとなっています。

ドコモは先月比で15万を超える純増数を記録!

2013年12月度の契約数は以下のとおりとなっています
2013年12月度の携帯電話契約数
純増数純増数の増減(先月比)MNPMNPの増減
(先月比)
ドコモ279,100+185,700-51,000+17,600
au222,600+32,400+43,800-13,500
ソフトバンク224,300-12,800+9,400-2,900

引用元:NTTドコモが2年ぶり首位奪還、12月の携帯純増数 | Reuters

ソフトバンクモバイルとauが純増数を落としているところをみると、売れ行きのiPhoneが在庫不足に陥り、ワントップ状態にあるソフトバンクモバイルが純増数を伸ばせず、ドコモとauはAndroidにも力を入れていたことで先月比でプラスになったのではないでしょうか。

また、ドコモは12月に小型のXperiaスマートフォン「Xperia Z1f SO-02F」を発売しており、発売以降BCNランキングで上位をキープしていることを考えると、Xperia効果もあったのではないかと考えられます。

MNPの転入超過は止まらないドコモ、5連続のマイナスにリーチ

ようやく純増数にて最下位を脱出したドコモですが、MNPにおいてはiPhoneの発売以降、回復しつつあるものの、今月もマイナスを記録しており、4年11ヶ月の連続記録を突破しています。

もし、2014年1月度もマイナスとなれば5年連続でMNPがマイナスという逆・金字塔を打ちたてることになるわけですが、ソフトバンクモバイルの2年連続純増数トップを阻止した勢いそのままにMNPでも約5年ぶりのプラスとなるよう、旧ドコモユーザー&MVNOでドコモの回線を使い続けるユーザーとして祈っております。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2018/11/15
Twitter、翻訳機能をMicrosoftからGoogleに変更。酷評されていた翻訳精度向上へ

ソフトバンク

2018/11/15
ソフトバンク、上下の“ダブルノッチ”搭載のコンパクトスマホ「AQUOS R2 Compact」を発売

Pixelの噂・最新情報

2018/11/15
ついに登場。Pixel 3に夜間モード「Night Sight」追加で驚異的な夜景撮影が可能に

Googleニュース

2018/11/14
Google、App Storeの手数料30%を上乗せして「YouTube Premium」を提供
Recommendこんな記事も読まれています