bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au向けiPhoneにキャリアアップデートが配信ーLTEから4Gに表記変更

au
au向けiPhoneにキャリアアップデートが配信ーLTEから4G表記に変更
本日、au向けのiPhoneにキャリアアップデートが提供されました。

バージョン番号は16.1でアップデートの内容については明らかにされていませんが、これまでLTE接続時はそのまま「LTE」と表記されていましたが、16.1にアップデートすると「4G」に変更されることを確認しています。

キャリアアップデートを行う方法

キャリアアップデートを行う場合は、設定アプリを起動して「一般」→「情報」と進みます。


しばらく待っているとキャリアアップデートの確認画面が表示されるので「アップデート」をタップするとキャリアアップデートアップデートが開始されます。


今回のアップデートでは再起動もおきませんし、一瞬で終わるので何が変わったのか一瞬わからなくなりますが、「LTE」が「4G」に変更されていることがわかります。


auはなぜLTEから4Gに表記を変更したのか

ちなみに、4Gとして定義づけされているのはLTE-AdvancedとWiMAX 2で、auの2014年夏モデルでは両方の規格に対応させたことから4Gの表記に変更していました。

となると、どちらにも対応していないiPhoneが4G表記に変更されるのはおかしいとの疑問が出てきますが、店頭では4G表記の夏モデルとLTEを表記のiPhoneが並ぶため、顧客から「4GとLTEでどう違うの?」と聞かれるのは容易に考えられます。

「4Gの場合はCAとWiMAX 2+に対応しています」と答えればいいのかもしれませんが、それだけでわかってくれる顧客は少ないでしょう。また、そう答えてしまえばiPhoneの購入を考えていた人が4G対応の夏モデルに流れてしまうケースも少なからず起きそうです。

AppleからiPhoneの販売ノルマを課せられているauにとってはあくまでも主力はiPhoneですからね。

人によって色々な見方や考え方はあると思いますが、個人的には接客上の問題などから4G表記になったのではないかと予測します。

また、将来的な話をするのであれば、近いうちにiPhoneがLTE-AdvacedのキャリアアグリゲーションやWiMAX 2+に対応するということを示唆しているのかもしれません。ただ、「普通は対応と同時期にキャリアアップデートを提供するよなー」という思いもあるのであくまでも可能性の話ですが・・・

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11の操作方法・使い方まとめ

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11 Pro/Pro Maxの価格・料金を比較。最も安いキャリアは?

iPhone 11

2019/09/20
ソフトバンク銀座で「iPhone 11」発売セレモニー。広瀬すず登場

Apple Watch

2019/09/20
「Apple Watch Series 5」が発売。ついに常時表示に対応したモデル
Recommendこんな記事も読まれています