bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンクモバイル、夏モデルを公式発表

ソフトバンク
ソフトバンクモバイル、夏モデルを公式発表
ソフトバンクモバイルが5月22日に2007年夏モデルを全12機種発表しました。(春モデルとして発表されていた805SCを含めると全13機種)

912T – HSDPAとワンセグに対応したハイエンドモデル
912SH – WVGA液晶+3メガカメラ+HSDPA対応のAQUOSケータイ
FULLFACE 913SH – 閉じると全キーが隠れるフルスライドAVケータイ
810P – 今度の“P”は薄型スライドボディ、段差が少ない新機構
814T – うっとりする“チタン”の手触り、12.9ミリのスリムボディ
fanfun815T – カスタマイズはほぼ無限大、“全部替え”対応のコーディネート携帯
814SH – 背面パネルがラメのように光り輝くHSDPA+VGAケータイ
815SH – 「814SH」の双子モデル、ストロングメタルデザインの「815SH」
816SH – 厚さ15ミリ台のスライドボディ、HSDPA対応
GENT812SHs – 「812SH」が使いやすい“大人仕様”に
805SC – ワンセグ+HSDPAの“世界最薄”スライドケータイ
X01T – Windows Mobile 6.0 Pro搭載HSDPAスマートフォン
X02HT – ストレートボディ+QWERTYキーボードのHSDPA対応スマートフォン

13機種中6機種がシャープ製端末

ソフトバンク夏モデル総まとめ

今回ソフトバンクモバイルが発表したのは全13機種ですがそのうち約半分がシャープ製の端末です。

今回特に気にいったのは「FULLFACE 913SH」ですね。なんといってもデザインがカッコイイ。閉じてしまうとキーが全て隠れてしまうというスライド端末にしては珍しい構造ですが、この操作性を補うのは「センサーキー」というもの。これにより閉じたままでもワンセグ、カメラ、メディアプレイヤーの操作を閉じたままでも可能になっています。

あとは「fanfun 815T」です。WILLCOMのプラモフォンと似て非なるものですが、外装パネルだけでなく裏面、内面、メニュー画面、イルミネーションまでカスタマイズできるという驚きのカスタマイズ性です。
孫正義社長がfanfunのスヌーピーコラボモデルに触れ、「私個人もスヌーピーの大ファンで、小さいころからグッズを買っていた」と話し「もうだいぶ頭が薄くなって、チャーリー・ブラウンと呼ばれたりします」と笑い(苦笑)を誘っていた。

今回ソフトバンクモバイルが発表したモデルの内HSDPAに対応しているのは8機種と半分以上がそれです。次世代の通信規格への以降へも順調にいっている様子。スマートフォン市場についてはソフトバンクモバイルが今回WM6搭載機を発表したことでドコモやauを大差で引き離している状況。もう少しドコモとauはスマートフォン市場に興味を示してもいいのではないでしょうか?

またiPhoneを投入するかについて問われると「他社のものにはコメントせず、未発表のものにもコメントしない。」と否定はしてない模様。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

災害情報

2018/09/26
Wi2、災害用無料Wi-Fi「00000JAPAN」を安全に利用できるVPNを無償提供

iPhone XS / XS Max

2018/09/26
iPhone XS、ワイヤレス充電が高速化。フル充電までの時間が30分短縮

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ
Recommendこんな記事も読まれています