ソフトバンクモバイルが5月の契約数首位に。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:23

ソフトバンクモバイルが5月の契約数首位に。


本日、電気通信事業者協会(TCA)が、5月末時点の携帯電話・PHSの契約数を発表しました。これによると、ソフトバンクモバイルがなんと純増数においてau、DoCoMoを抑えて首位に躍り出ました。

キャリア別の純増数を見てみると、ソフトバンクモバイルが16万2400で首位を奪取。KDDIは、auが22万1600の純増となったが、ツーカーの純減8万3100を差し引くと13万8500となり、ソフトバンクを上回ることはできず、ドコモは純増8万2700となり、今月も純増数が最下位になってしまいました。

MNPの方は・・・

MNPを利用した契約数は、ドコモが5万8300のマイナス、auは5万7700のプラス、ソフトバンクモバイルが3100のプラス。KDDIではツーカーの2600のマイナスを合算しても5万5100のプラスという結果になり、auが5月のMNP商戦も圧倒的に首位をキープした。

ちなみに、ソフトバンクの「ホワイトプラン」の契約数が500万件を突破し、400万件突破した5月3日からわずか1ヶ月とちょっとで100万件の突破となった。
さらに、TCAによると、ホワイトプランの契約者数は約1600万人となっており、約1/3のユーザーがホワイトプランを契約していることとなった。

ソフトバンクモバイルとauは絶好調のようですが、ドコモが不調といった感じですね。DoCoMo2.0も現時点では成功せず、果たしてどうなってしまうのでしょうか。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています