7月の契約純増数、ソフトバンクが3ヶ月連続でトップ。

bio
Yusuke Sakakura

7月の契約純増数、ソフトバンクが3ヶ月連続でトップ。


電気通信事業者協会(TCA)が8月7日に、2007年7月末時点での携帯電話契約数を発表しました。

NTTドコモが8万1400、KDDIが19万1200(auが23万4600、ツーカーが4万3400の純減)、ソフトバンクモバイルが22万4800の純増となり、ソフトバンクモバイルが5月から3カ月連続でキャリア純増数のトップを獲得しました。

ドコモは今月も苦戦しています。

またNTTドコモの1つの端末で2つのメールアドレスと電話番号が持てる”2in1″の契約数は4万3500の純増で累計11万4500となりました。

2in1の発表によってドコモは結果的に純増数においては損をする形になってしまったのかもしれませんね~。

それにしてもソフトバンクは強い!やはりホワイトプランにホワイト家族24のサービスが追加されたのはとても効果的だったみたいですね。
これによって一気にユーザーの獲得ができますから。

訂正:auとしては23万4600の純増でしたがツーカーとしては4万3400の純減となっているためKDDIとしては19万1200の純増となりキャリア間ではソフトバンクモバイルが1位、KDDIが2位、NTTドコモが3位となりますm(_ _)m

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています