bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

薄型スライド、HSDPA対応の816SHが25日に発売

ソフトバンク
薄型スライド、HSDPA対応の816SHが25日に発売
ソフトバンクモバイルがシャープ製の816SHを8月25日(土)に発売すると発表しました。

816SHは、15mmのスライドボディに2.2インチのQVGA液晶を搭載している端末です。薄型、小型ながらHSDPAに対応しており、2MのCMOSカメラを採用しています。

913SHに似ています。

816SHのスペック

■サイズ
・約48×101×15mm

■重さ
・約93g

■メインディスプレイ
・2.2インチ
・240×320ピクセル
・TFT液晶

■サブディスプレイ
・-

■メインカメラ
・有効200万画素CMOSカメラ
・オートフォーカス対応

■サブカメラ
・有効11万画素CMOSカメラ

■連続待ち受け時間
・約300時間

■連続通話時間
・約230分

■外部メモリ
・microSDカード

■ボディカラー
・ブラック
・ブルー
・グリーン
・ゴールド
・ピンク
・ビビッドピンク

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す

Android

2020/09/29
Google、Netflixなど独自課金による“Google税逃れ”を規制へ。猶予は1年間
Recommendこんな記事も読まれています