bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneの電池劣化による性能低下でAppleが謝罪、交換費用の値下げも発表

Appleニュース

Apple、iPhoneのバッテリー交換費用を値下げ〜意図的な性能低下問題で

バッテリーが劣化したiPhoneにおいて意図的に性能が低下されている問題でAppleがユーザーに謝罪すると共に一部iPhoneのバッテリー交換費用を期間限定で値下げすると発表。さらに、2018年早期にiOSのアップデートを提供し、バッテリーの状態がパフォーマンスに影響しているかどうかを確認できる機能を提供すると案内した。

保証対象外のiPhoneの電池交換を値下げ

Appleは電池の劣化が原因でiPhoneが強制終了する現象が多発したため、昨年、iPhone 6シリーズ、iPhone 6sシリーズ、iPhone SE向けに配信したiOS 10.2.1アップデートで問題を解消。さらにiOS 11.2でiPhone 7シリーズにも提供を拡大したことを明らかにした

Appleはユーザーの信頼を回復するために3つの施策を実施すると発表。

1つはiPhoneの保証対象外のバッテリー交換費用を2018年1月後半から12月まで79ドルから29ドルに値下げするというもの。バッテリー交換の値下げは世界中で実施されるが、日本での料金はまだ明らかにされていないが、現在の電池交換費用は8,800円のため3000円〜4000円ぐらいになりそうだ。なお、対象機種はiPhone 6以降となる。

2つ目は2018年早期に提供するiOSのアップデートでバッテリーの状態をより詳細にユーザーが確認できるようにし、バッテリーの状態がiPhoneのパフォーマンスに影響しているかどうかを確認できる機能を提供する。3つ目は引き続き、ユーザー体験をより良くするようにパフォーマンスの管理を改善し、バッテリーの寿命に伴う強制終了を回避するよう努力するとしている。

また、Appleはすべてのバッテリーは劣化する消耗品で充電回数や充電時間だけが影響するものではなく、高温の環境下にiPhoneを放置したり、充電するとバッテリーが劣化すると説明している。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/20
ドコモ、MNPの「iPhone X」を一括価格1.5万円に値下げ

iPadの噂・最新情報

2018/10/20
新型iPad Pro(2018)の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

ニュース

2018/10/19
ファミリーマート、スマホのバーコード決済に対応へ〜LINE Payなど6種類

Apple Watch

2018/10/19
MacBookでの充電に最適な「Apple Watch磁気充電 - USB-Cケーブル(0.3m)」が発売
Recommendこんな記事も読まれています