速報:バルミューダが5Gスマホを発売。ソフトバンクから11月以降に

bio
Yusuke Sakakura

速報:バルミューダが5Gスマホを発売。ソフトバンクから11月以降に

5月13日、スチームトースターや電気炊飯器、オーブンレンジなどのキッチン製品など家電事業を開発・販売する「BALMUDA」(バルミューダ)が携帯端末事業に参入することを発表した。

国内事業者ではソフトバンクが独占で取り扱うが、SIMフリーモデルの販売も計画されている。

“バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案”

バルミューダは、携帯端末事業の参入にあたって「これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたい」と説明している。

自社工場を保有していないバルミューダは京セラを製造パートナーとして事業を開始する。第1弾の5Gスマートフォンはソフトバンクから2021年11月以降に発売される予定。

どういったスマートフォンになるか楽しみだが、バルミューダの決算会見でわずかながら情報が語られた。家電事業同様に独自のポジションを作り、シェアではなく個性で1位を目指すという。

デザインや外観だけでなく機能面も重要とし、特にアプリにおいて独自のアプリを用意して使い心地の良さなど提供できる商品を開発しているとのこと。また、価格帯を明らかにしなかったものの価格面で訴求しないと説明した。

ソフトバンクは“バルミューダが家電事業で培った経験と実績を基に、新たな体験や驚きを提案する製品”であると説明し、製品と発売時期の詳細は、決まり次第別途発表すると案内している。

これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたいと考え、当社として新たなジャンルとなる本事業へ参入するものです。

バルミューダは2003年に東京で設立された家電メーカー。“最小限の部品点数で製品を作り上げること。最小限のデザインで美しさを追求すること。そして最小のエネルギーで最大の効果を提供すること。”といった「最小で最大を。」という理念に基づいて製品開発を行っている。

スチームトースターや電気ケトル、オーブンレンジなど大ヒットした製品は必要最低限の機能を搭載して美しいデザインで高く評価されている。新たに開発を進めるスマートフォンでは高機能化が進むにつれて特にハードウェアのデザイン・見た目が悪化するが、バルミューダスマホがどういったものになるのか注目だ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています