Suica対応「Fitbit Charge 4」が発売。3月上旬から利用可能に

キャッシュレス

Suica対応「Fitbit Charge 4」が発売。3月上旬から利用可能に

Fitbitのウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」でSuicaが利用可能になる。JR東日本が発表した。

利用開始時期は3月上旬で、Fitbitおよび専用アプリからSuicaの発行、Google Payによるチャージ、鉄道/新幹線利用、スマートEX、買い物が可能になる。

FitbitがSuicaで利用可能に

Suicaに対応するFitbitのウェアラブルデバイスは「Fitbit Charge 4」の1機種のみ。発売済みのモデルでは利用できず、今後発売されるSuica対応のモデルで利用できる。

Suica対応モデルの発売時期や価格については今後発表される。

Suicaを利用するにはFitbitとペアリングしたAndroidスマートフォンもしくはiPhoneに専用アプリが必要。アプリを操作することで新規発行やチャージが可能になる。対応する機能とサービスは以下のとおり。

対応可否備考
新規発行発行と同時に最低 1,000 円のチャージが必要。端末1台につき発行できるSuicaは1枚
クレジットカードによるチャージGoogle Pay(Google アカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージが可能
コンビニなどでの現金チャージウェアラブルデバイスのみの操作で可能
券売機などでの現金チャージ一部の駅に設置されているトレイ型の券売機などで可能。ウェアラブルデバイスのみの操作で提供可能
銀行チャージX
チャージ残高による鉄道利用Suica 対応のバス利用も可能
チャージ残高でのお買い物
残高表示ウェアラブルデバイスでも表示可能
履歴表示前日分までの表示
払いもどし手数料(220 円)が必要、アプリ上で払いもどし可能
再発行X
機種変更による残高引継ぎX
JRE POINT を貯めるJRE POINT WEB サイトでの登録が必要
JRE POINT によるチャージX
定期券の購入Xバス定期券も不可
Suica グリーン券の購入X
タッチで Go!新幹線券売機での利用開始登録が必要
新幹線 e チケットサービスえきねっとへの申込が必要
ネット決済X
エクスプレス予約X東海道・山陽新幹線のサービス
スマート EX東海道・山陽新幹線のサービス

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2021/03/01
速報:PayPay、LINE Payの事業統合へ協議開始。22年4月に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo変更後はドコモオンラインショップで予約不可。新機種の購入困難に?

ワイモバイル

2021/03/01
ワイモバイル、3月17日からeSIM開始。最短1時間で利用可能に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売
Recommendこんな記事も読まれています