bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

富士通、携帯電話事業の売却を正式発表。「arrows」ブランドは今後も継続

昨年夏から報じられていた富士通の携帯電話事業の売却だが、売却することで合意したと2018年1月31日に正式発表された。

ニュース

arrowsブランドやキャリア向けの商品提供も継続

富士通は携帯端末事業をポラリス・キャピタル・グループに売却すると発表した。売却の対象は携帯電話事業を手がける富士通コネクテッドテクノロジーズと端末の開発・製造・修理を行う富士通周辺機の社工場を承継する新会社。2018年3月末を目途に株式の譲渡を目指すという。なお、売却後も富士通は最大30%の株式を保有する。

ポラリスはシニア世代に圧倒的な支持を得ているシニア向けのらくらくシリーズや根強い人気のあるarrowsシリーズのブランド力を高く評価しており今後もブランドは継続。キャリア向けにも商品を提供していくとしている。

売却先が国内投資ファンドであるため、国内メーカーはソニー、シャープ、京セラ、富士通の4社体制のままだが、日経の報道によればポラリスは企業価値を高めた上で保有分の新規上場や売却を選択する可能性もあるとしている。

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2018/05/26
iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ

Kindleセール情報

2018/05/26
50%ポイント還元、Kindleストアで「PHP研究所キャンペーン」が開催中

Kindleセール情報

2018/05/26
半額、Kindleストアでいま欲しい「Webデザイン・Web技法書」セールが開催中

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から
Recommendこんな記事も読まれています