Gmail、2月13日からJavaScriptの添付を禁止に

bio
Yusuke Sakakura

Gmail、2月13日からJavaScriptの添付を禁止に

Gmailではセキュリティ上の理由から.exe、.msc、.batといった実行ファイルの添付を禁止しています。Gmailにこれらの実行ファイルを添付しようとすると、「セキュリティ上の理由によりブロックされました」との警告が表示されます。

Googleはこの制限を強化し、JavaScriptの添付も禁止することがわかりました。

Google、GmailでJavaScriptの添付を禁止に

GoogleはG Suiteの情報を配信する公式ブログにて2月13日からGmailでJavaScriptファイルの添付を禁止することを発表しました。

2月13日以降にJavaScriptを添付しようとすると添付が制限され、制限理由を説明する警告が表示されると案内しています。

Google、GmailでJavaScriptの添付を禁止。2月13日から

JavaScriptを添付した時に表示される警告メッセージ

GoogleはJavaScriptを送信したい場合はGoogleドライブやGoogle Cloud Storageといった別のサービスにJavaScriptをアップロードしてファイルを共有することができるとしています。

送信側は制限される一方でGmail以外のサービスから送信されたメールにJavaScriptが添付された時、つまり受信時にJavaScriptのダウンロードが制限されるかどうかは不明です。

Gmail currently restricts certain file attachments (e.g. .exe, .msc, and .bat) for security reasons, and starting on February 13, 2017, we will not allow .js file attachments as well. Similar to other restricted file attachments, you will not be able to attach a .js file and an in-product warning will appear, explaining the reason why.

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています