bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google、アプリの履歴・位置情報など自動削除できる新機能を公開

Googleニュース

Google、アプリの履歴・位置情報などの自動削除機能を公開

6月27日、Googleがウェブとアプリのアクティビティを自動で削除できる機能を公開した。

Googleはユーザーに利便性を提供するために、ChromeやGoogleマップなどGoogleサービスを利用した際の検索内容や位置情報、閲覧履歴などを保存しているが、きょう公開された新しい機能によって自動削除することが可能になった。

期間を指定してウェブとアプリのアクティビティを自動削除

Googleが「ウェブとアプリのアクティビティ」を保存することでユーザーが得られる利便性にはどんなものがあるだろうか。一部だが、Googleマップでは現在地近くのユーザーから収集したデータを元に渋滞など交通状況を把握して最適なルートを案内したり、Google検索で過去に収集したデータからワードや誤入力を補正する。当たり前になっているため、日ごろから便利だと思う機能ではないかもしれないが、無くなったときに便利だったな、と感じるような機能だ。

利便性が得られないのは困るが、すべてのデータを保存されるのは気持ちが悪いというユーザーは多いはず。そこで登場したのが今回の自動削除機能だ。

きょうからGoogleが保存している「ウェブとアプリのアクティビティ」について3ヶ月または18ヶ月より古いデータを自動削除できるようになった。例えば、ユーザーが3ヶ月を選択した場合は過去3ヶ月間のデータだけがGoogleに保存され、それ以前のデータは何もしなくても自動で削除される。

自動削除機能を利用するにはGoogleアカウントのアクティビティ管理にアクセスして「保存期間を選択」をタップして保存期間を3ヶ月または18ヶ月から選択して「次へ」をタップすると完了する。

Google、アプリの履歴・位置情報などの自動削除機能を公開

なお、Googleが保存しているウェブとアプリのアクティビティには以下のようなものがある。

  • 検索関連の情報
    • Google サービス(マップなど)での検索内容やその他の操作内容
    • 位置情報、言語、IP アドレス、参照 URL、ブラウザとアプリのどちらを使用しているか
    • クリックした広告、広告主のサイトで購入したもの
    • デバイス上の情報(最近使用したアプリ、検索した連絡先名など)
  • 閲覧関連の情報
    • 使用するサイトやアプリ
    • Google サービスを使用しているサイトやアプリでのアクティビティ
    • Chrome の閲覧履歴

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone

2019/11/19
SIMフリー版iPhone、ついにヨドバシやビックカメラなどで販売解禁

Appleニュース

2019/11/19
Apple、スペシャルイベントを12月3日に開催。人気アプリ・ゲームを表彰へ

iOS 13

2019/11/19
「iOS 13.2.3」配信開始。バックグラウンドでダウンロードできない問題など修正

LINE

2019/11/18
ヤフーとLINEが共同会見。経営統合の理由を語る
Recommendこんな記事も読まれています