bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

速報:Google、HTCのスマートフォン事業の一部を11億ドルで買収

Googleニュース

速報:グーグル、HTCを買収

Googleが台湾のスマートフォンメーカー、HTCをチームの一員として迎え入れることを正式発表した。

Googleのメンバーに加わるのは昨年発表された新ブランド「Pixel」の開発に携わるメンバーですべてのスマートフォン事業が売却されたわけではない。

HTCはスマートフォン事業の継続を発表

Googleは今回の買収でHTCの知的財産に関する非独占的ライセンスを所有したことも明らかにした。なお、HTCの開発部隊4000人のうち約半数がGoogleのメンバーとなるが、HTCは引き続きスマートフォン事業を継続する。

世界で初めて販売されたAndroidスマートフォン「HTC Dream」、国内初のAndroidスマートフォン「HT-03A」、Googleが監修する初のNexusスマートフォン「Nexus One」、そして“Made by Google”として昨年発売された新ブランドスマートフォン「Pixel」などHTCはAndroidの初期段階から現在に至るまでAndroidとGoogleのプロダクトに深く関わってきた。GoogleとAndroidで結ぶ関係性は最も長いメーカーだ。

Nexus One

Nexus One – Photo by closari

Nexusや初代Pixelでは、Googleがソフトウェアを主導、ハードウェアの設計・製造はHTCなどのパートナーメーカーが主導しているが、今回の買収によってGoogleだけでスマートフォンを開発できる体制が整ったとみられている。なお、Googleが10月4日に開催するイベントで披露される新型「Pixel」はHTCではなくLG電子製となるようだ。

台湾メディアはHTCのスマートフォン事業をGoogleが買収すると報じ、その後、台湾の証券取引所が今回の「重大な情報」が発表されるまでHTCの株取引を停止すると発表していたため、近日中に双方から何らかの発表があると見られていた。結果的にはHTCの買収でもなく、スマートフォン事業全体でもなく、Pixelチームの買収となった。

HTCはスマートフォン事業を継続するとしているが、チームの開発規模が半分になった影響が日本にも及ぶかもしれない。なお、HTCのスマートフォンは今夏モデルとして「HTC U11」がauとソフトバンクから販売されている。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

災害情報

2018/09/26
Wi2、災害用無料Wi-Fi「00000JAPAN」を安全に利用できるVPNを無償提供

iPhone XS / XS Max

2018/09/26
iPhone XS、ワイヤレス充電が高速化。フル充電までの時間が30分短縮

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ
Recommendこんな記事も読まれています