bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

グーグル、MVNOの通信サービスを近く発表か――従量制で差別化

Googleニュース

グーグル、MVNOを活用した通信サービスを近く発表か――従量制で差別化を図る

今年3月に「数カ月後に発表する」と宣言されていたグーグルの携帯電話・スマートフォン向けの無線通信サービスが現地時間23日にも正式発表されるるようです。

定額制の”ムダ”を省いて安く運用できる通信サービスを提供か

ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によれば、これまでの噂どおりグーグルは、SprintとT-mobileの回線を借り入れて通信サービスを提供するとのこと。

インターネット検索最大手の米グーグルは22日にも、米国内で展開する新たなワイヤレス通信サービスを発表する。グーグルの通信事業がさらに拡大する上、価格競争を繰り広げているワイヤレス通信業界で不透明感が増すことになる。

状況に詳しい複数の関係者によると、この新サービスでは、顧客が毎月実際に使用したデータ分だけ料金を支払うことが可能になる見通し。

引用元:グーグル、米で無線通信サービス発表へ 使用データ分のみ課金 – WSJ

同紙ではサービスの内容についても報じられており、両社の回線とWi-Fiを自動的に切り替えて使用ができることや料金体系は国内外で主流となっている定額制ではなく、使った分だけ料金を支払う従量制になるようです。

グーグル、MVNOを活用した通信サービスを近く発表か――従量制で差別化を図る

Wi-Fiと携帯電話向けの通信サービスを切り替えて使用することは珍しいことではありませんが、異なるキャリア間で通信回線を切り替えるサービスは日本には存在しません。緊急時や混雑する時間帯では、より快適にネットワークを利用することができるほか、土地が広く、1社では十分なネットワークを構築しにくいアメリカでは魅力的なサービスとなるかもしれません。

従量制の料金体系と聞くと、ネットを使いすぎて親にもの凄く怒られた過去が蘇ってきて、思わず拒否反応を示してしまいますが、定額制で用意されているデータ通信量と利用者が実際に使うデータ通信量の差は小さくなく、この無駄を省くことでより安い料金で通信サービスを使用できるようです。

別の報道では、データ通信量の1GBごとに料金が課金されるとの噂があります。

このほか、対応機種は「Nexus 6」のみであることやサービス開始当初は申込者に制限がかかると報じられています。

MVNOによる異なるキャリア間の通信サービスは日本にもあったら良いなと思うところですが、日本国内では、MVNOがSIMカードを発行することができないため、グーグルのような通信サービスが近いうちに出てくることはないと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Googleニュース

2018/11/14
Google、App Storeの手数料30%を上乗せして「YouTube Premium」を提供

YouTube系

2018/11/14
Spotify対抗、広告付きなら無料で音楽聴き放題の「YouTube Music」登場

Apple Watch

2018/11/14
ようやく「Spotify」のApple Watchアプリが登場。オフライン再生の予告も

Appleニュース

2018/11/14
iPhoneで「Apple IDがロックされています」の報告相次ぐ。大規模なハッキングが原因か
Recommendこんな記事も読まれています