Google、翻訳イヤホン「Pixel Buds」に低音ブーストや新翻訳モードなど新機能追加

アップデート情報

Google、翻訳イヤホン「Pixel Buds」に低音ブーストや新翻訳モードなど新機能追加

8月20日に発売されたリアルタイム翻訳機能付きのフルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」

Googleが発売後はじめてとなるビッグアップデートの提供を開始し低音ブーストや新しい翻訳モードなど多数の新機能を追加した。

今日から順次提供されるPixel Buds向けのアップデートでは6つの新機能が追加される。

アップデート内容
  • バスブースト
  • イヤホン共有の自動検出
  • 新しい翻訳「文字起こしモード」
  • アテンションアラート
  • デバイスを探すの改善
  • Googleアシスタントでバッテリーの残量を確認

イヤホン共有の自動検出や音声によるバッテリー確認など

ユーザーの要望に答えて迫力のある音声が楽しめる「バスブースト」機能が追加された。Android 10以降のPixelスマートフォンでは設定画面から「接続済みのデバイス」→Pixel Budsの設定に進んで「音」をタップしてスイッチをオンにするとオンになる。

Google、翻訳イヤホン「Pixel Buds」に低音ブーストや新翻訳モードなど新機能追加

イヤホン共有の自動検出では、イヤホンを友だちと片方ずつ使用していることを自動で検出してイヤホンの音量をスワイプジェスチャーを使って個別で音量調整することが可能になる。なお、通話中やGoogleアシスタントとの会話中は一方のマイクだけがアクティブになるとのこと。

Pixel Budsの最大の特徴である翻訳機能では会話時に利用できる翻訳機能とは別に文字起こしモードが利用できるようになった。相手が話している言語が翻訳されて文字起こしされたものがスマートフォンの画面に表示される。文字起こしされたテキストの音声もイヤホンから流れる。

ただし、現在はフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語を英語翻訳時に利用可能とのこと。日本語には対応していない。

イヤホンを耳に付けていると何が起きているのかわからないことがある。そんなときに役立つのが試験提供される「アテンションアラート」で犬が吠えたり、赤ちゃんが泣いていたり、救急車がサイレンを鳴らしているなどAIを活用して重要な音を検出するとイヤホンの音量を一時的に下げて何が起こっているのかを知ることができる。なお、同じ音が1分以内に鳴った場合はアラートは起動しないとのこと。

このほかにもPixel Budsをどこかに忘れたときに役立つ「Find My Device」が改善されてアップデート後はAndroidデバイスに接続されていなくても地図上に最新の情報が表示されるようだ。

Google、翻訳イヤホン「Pixel Buds」に低音ブーストや新翻訳モードなど新機能追加

Pixel BudsではイヤホンをタッチしてGoogleアシスタントを起動できるが誤作動を防ぐためにタッチ操作をオフできるようになった。また「OK Google、イヤホンのバッテリーは?」と聞くとバッテリー残量を教えてくれるようになった。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2021/04/20
Apple、きょう深夜に新商品発表。新型iPadが中心、サプライズ用意?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/19
iPhone 13、5Gミリ波モデルが日本で発売か

UQ mobile

2021/04/19
UQモバイル、iPhone 11の価格は4.9万円から

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か
Recommendこんな記事も読まれています