bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google、ゲームもアプリも遊び放題の「Play Pass」登場。月額4.99ドル

Android

Google、ゲームもアプリも遊び放題の「Play Pass」登場。月額4.99ドル

9月24日、Googleが新しいサブスクリプションサービス「Play Pass」を発表した。

数日前にAppleがゲーム遊び放題の「Apple Arcade」をスタートさせたが、対抗するGoogleはゲームに限らずアプリも含めて使い放題、遊び放題で提供する。

最初の12ヶ月は月額1.99ドル

「Play Pass」の料金は期間限定で最初の12ヶ月だけ月額1.99ドルで提供され、その後月額4.99ドルになる。10日間の無料期間もあるため気軽にサービスを試すことが可能だ。

サービスの家族共有にも対応し、最大5人でサービスを利用できる。共有されるのはサービスのみ。ダウンロードしたアプリなど共有されたくないものは個別で用意される。

遊び放題および使い放題の対象タイトルでは、有料アプリはもちろん広告やアプリ内課金のアイテムなどもすべて遊び放題、使い放題になる。

対象のタイトルはGoogleが選定し、開始直後は「Stardew Valley」や「AccuWeather」、「Terraria」、「Monument Valley」、「Risk」、「StarWars:Knights of the Old Republic」など350以上のゲームとアプリが用意され、今後は「Cytus」や「This War of Mine」など毎月追加されていく。

「Play Pass」に登録するとGoogle Playストアには専用のタブが表示されてそこからアプリをダウンロードできるとのこと。

サービスは今週から米国内で提供開始となり、近いうちに他国でも提供される予定。

なお、開発者への収益分配(割合など)については説明されていない。対象のタイトルはGoogleが選定するため、限定された開発者にしか明らかにされないのかもしれない。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/12/14
「Apple川崎」がオープン。1,600人超の行列、記念トートバッグ配布終了

スマホアプリ

2019/12/14
更新:iPhoneをiPodにするアプリ「Rewound」が公開

Appleニュース

2019/12/12
Apple川崎、オープン日に新トートバッグなど記念品を先着で配布

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel向けの新アップデート「feature drops」発表
Recommendこんな記事も読まれています