bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneの機種変更時にデータ移行・バックアップ・復元する方法

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

iPhoneをバックアップ・復元する方法〜iTunes / iCloudバックアップ対応

新しいiPhoneを買ってこれまで使っていたiPhoneのデータを移行したいとき、ベータ版のiOSを利用する時にデータをバックアップしたいとき、バックアップからデータを復元したいときなど、この記事ではiPhoneのデータ移行、バックアップ、復元する方法を解説します。

目次

データ移行の方法は4種類

iPhoneのデータを旧機種から新機種に移行する方法は以下の3つがあります。

  • データを転送
    • iOS 12.4で追加された最もカンタンなデータの移行方法。iCloudの空き容量を気にせず移行できる
  • iCloudでバックアップ・復元
    • AppleのクラウドサービスiCloudにバックアップデータを保存して、復元する方法。PCいらずで移行できる
  • iTunesでバックアップ・復元
    • PCのiTunesを使ってバックアップデータを保存して、復元する方法

データを転送する

2019年7月にリリースされた「iOS 12.4」で、新機能のデータ転送が追加されました。

これまでは、iPhoneからiPhoneにデータを移行するにはまずバックアップを取ってから復元する必要がありましたが、データ移行ではそれらの作業が必要なくワンステップでデータを移行することができます。

また、iCloudバックアップの場合はiCloudの容量を、iTunesバックアップの場合はPCの容量を気にかける必要がありますが、データ移行は気にする必要がないことも大きなメリットです。

操作手順
  • 1. 新しいiPhone または 初期化したiPhoneを起動する
  • 2. データを以降したいiPhoneを近づけて“新しいiPhoneを設定”画面が表示されたら「続ける」をタップ
  • 3. “新しいiPhoneをカメラに向けてください”画面が表示されたら、青いモヤをカメラで読み取る
  • 4. “ほかのiPhoneのパスコードを入力”画面が表示されたら、パスコードを入力
  • 5. 「Touch ID」または「Face ID」を設定する
  • 6. “データ転送”画面が表示されたら「iPhoneから転送」を選択する
  • 7. 利用規約に「同意する」をタップ
  • 8. 画面の案内したがって復元を進める

iCloudバックアップの使い方

データを以降したいiPhoneを近づけて青いモヤをカメラでスキャンする

iCloudバックアップの使い方

iPhoneから転送をタップ

iCloudでバックアップする方法

iCloudバックアップとは?

「iCloudバックアップ」は、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」を利用したバックアップ方法です。

iPhoneのバックアップデータをiCloudに保存して、新しいiPhoneに復元する際はiCloudからバックアップデータをダウンロードして利用します。

できるだけカンタンにバックアップしたいなら「iCloudバックアップ」がオススメ。PCがなくてもiPhoneをWi-Fiに接続するだけでバックアップができます。

なお、iCloudは5GBまでは無料ですが、バックアップデータの容量が5GBを超える場合は有料になり、容量によって料金が異なります。料金は月額400円の200GB、月額1,300円の2TBが用意されています。

iCloudバックアップの使い方

操作手順
  • 1. iOS 10.3以降の場合
    • 1-1. 設定画面でApple IDを選択
    • 1-2. 「iCloud」に進む
    • 1-3. 「iCloudバックアップ」をタップ
  • 2. iOS 10.2以前の場合
  • 3. 「iCloud」をタップ
  • 4. 「バックアップ」を選択
  • 5. iCloudバックアップをオンにする
  • 6. 「今すぐバックアップを作成」をタップ
  • 7. iPhoneをWi-Fiに接続して充電する
  • 8. 電源キーを押してロック状態にするとiCloudバックアップがスタートする

iCloudバックアップの使い方

iCloudを選択

iCloudバックアップの使い方

バックアップを作成する

iCloudバックアップから復元する方法

必要な場合はiPhoneを初期化する

操作手順
  • 1. 設定画面から「一般」に進む
  • 2. 「リセット」をタップ
  • 3. 「すべてのコンテンツの設定を消去」をタップ
  • 4. “消去する前にiCloudバックアップをアップデートしますか?”画面が表示されたら「今すぐ消去」を選択」

iCloudバックアップの使い方

リセットをタップ

iCloudバックアップの使い方

今すぐ消去を選択

バックアップデータから復元する

操作手順
  • 1. 新しいiPhone または 初期化したiPhoneを起動する
  • 2. データを以降したいiPhoneを近づけて“新しいiPhoneを設定”画面が表示されたら「続ける」をタップ
  • 3. “新しいiPhoneをカメラに向けてください”画面が表示されたら、青いモヤをカメラで読み取る
  • 4. “ほかのiPhoneのパスコードを入力”画面が表示されたら、パスコードを入力
  • 5. 「Touch ID」または「Face ID」を設定する
  • 6. “データ転送”画面が表示されたら「iCloudからダウンロード」を選択する
  • 7. 「XXXX年XX月XX日バックアップから復元」をタップ
  • 8. 利用規約に「同意する」をタップ
  • 9. “バックアップから設定”画面が表示されたら「続ける」をタップする
  • 10. 画面の案内したがって復元を進める

iCloudバックアップの使い方

データを以降したいiPhoneを近づけて青いモヤをカメラでスキャンする

iCloudバックアップの使い方

iCloudからダウンロードを選択する

iTunesでバックアップする方法

iCloudバックアップはWi-Fiを使ってバックアップと復元を行うため、膨大な時間がかかります。できるだけ早くバックアップと復元したい場合は「iTunesバックアップ」がオススメです。

iTunesバックアップの手順

iPhoneをPCに接続してiTunesを起動します。

“このコンピュータがこのiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか?”と表示されたら「続ける」を選択します。

iTunesバックアップの手順

iPhoneには“このコンピューターを信頼しますか?”と表示されるので「信頼」を選択します。

iTunesバックアップの手順

iTunesでiPhoneのアイコンをクリックしてバックアップ画面を表示します。

iTunesバックアップの手順

メニューバーから「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を“iPhone”から転送」をクリックします。購入した項目を転送することで、iTunesStoreとAppStoreから購入したコンテンツ、iBookにダウンロードしたPDFもバックアップの対象になります。

iTunesバックアップの手順

次はバックアップの項目で「このコンピュータ」を選択して「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。バックアップを暗号化することで、Wi-Fiの設定、ウェブサイトの履歴、保存したパスワード、キーチェーン、ヘルスケア、アクティビティもバックアップの対象になります。

「今すぐバックアップ」をクリックするとiTunesバックアップがスタートします。

iTunesバックアップの手順

iTunesバックアップから復元する方法

iPhoneをPCに接続してiTunesを起動します。

“このコンピュータがこのiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか?”と表示されたら「続ける」を選択します。

iTunesバックアップから復元する方法

iPhoneには“このコンピューターを信頼しますか?”と表示されるので「信頼」を選択します。

iTunesバックアップから復元する方法

復元するにはiPhoneを探すをオフする必要があるため、設定から「iCloud」「iPhoneを探す」に進んで、iPhoneを探すのスイッチをオフにします。

iTunesバックアップから復元する方法

設定から「iCloud」に進む

iTunesバックアップから復元する方法

iPhoneを探すのスイッチをオフにする

iTunesでiPhoneのアイコンをクリックしてバックアップ画面が表示されたら「バックアップを復元」をクリックします。

iTunesバックアップの手順

バックアップファイルを選択して「復元」をクリックします。

iTunesバックアップの手順

パスワードを求められるので暗号化した時に設定したパスワードを入力して「OK」をクリックすると復元がスタートします。

iTunesバックアップの手順

Apple Watchのペアリングを再設定して復元する

再ペアリングには初期化が必要。元に戻せる?

iPhoneを初期化するとiPhoneとApple Watchのペアリングが解除されます。再度、ペアリングする場合はApple Watchを一度初期化する必要があります。

初期化したApple Watchを元に戻せるのか気になるところですが、ペアリングが解除される時にApple Watchのバックアップが作成され、Watchアプリに保存されます。

Watchアプリのデータは、iTunesバックアップおよびiCloudバックアップに含まれるので、Apple Watchを初期化してもバックアップから元の状態に戻すことができます。

Apple Watchを初期化する方法

iPhoneとApple Watchを再度ペアリングするにはApple Watchを一度初期化する必要があります。

Apple Watchを初期化するには、Apple Watchの設定から「一般」→「リセット」に進んで「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

iTunesバックアップの手順

Apple Watchの初期化が完了したら、言語を設定して「ペアリングを開始」をタップします。また、iPhoneでもWatchアプリを起動して「ペアリングを開始」をタップします。あとは画面の案内に従ってペアリングを進めます。

iTunesバックアップの手順

Apple WatchのApple Payを復元する方法

ペアリングが完了したら「バックアップから復元」をタップして復元するバックアップを選択します。

さらに設定を進めていくと、Apple Payの設定画面が表示されるので復元したいカードの種類を選択すると、Apple Watchに設定したApple Payを復元することができます。

iPhoneのApple Payを復元する

Apple PayのSuicaを移行する場合はデータの移行とは別で作業が必要になります。手順はこちらの記事で詳しく解説しています。

なお、iPhoneを初期化するとApple Payの情報と設定内容も初期化されます。Apple Payの情報と設定内容はiTunesバックアップおよびiCloudバックアップには含まれませんが、iCloudに保存されるためApple Payの情報も復元することができます。

Apple Payを復元する方法はこちらのエントリーで詳しく紹介しています。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/11/20
Anker、USB付き電源タップ・4ポート急速充電器など新製品を多数発表

セール

2019/11/20
goo Simseller、iPhoneなど大特価セール開催。“1円”販売も

格安SIM

2019/11/20
OCNモバイルONE、月額1,180円〜の新料金プラン発表。違約金と最低利用期間なし

iPhone

2019/11/19
SIMフリー版iPhone、ついにヨドバシやビックカメラなどで販売解禁
Recommendこんな記事も読まれています