bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「iOS 13」の一部新機能と変更点が明らかに

iOS 13

「iOS 13」、一部の新機能と変更点が明らかに

Appleは日本時間6月4日から開発者向けのイベント「WWDC 2019」を開催する。例年どおりであれば、初日の基調講演で秋に正式リリースされる次期OSが発表されるはずだ。

WWDCでの先行発表はまだ1ヶ月先ではあるが、Bloombergが「iOS 13」の新機能と変更点をリークした。

「iOS 13」の新機能と変更点

今年もパフォーマンス改善に注力、ダークモードの追加も

コードネーム“Yukon”とされる「iOS 13」では、好評だった昨年の「iOS 12」のようにスピードアップと不具合の解消に注力するという。

マルチタスキングやアプリを閉じる時の新しいアニメーションを含むインターフェースの微調整も行われ、ホーム画面の一番左に表示されるウィジェットはすっきりした外観になるそうだ。

目玉機能となる「ダークモード」は、夜間での表示用に最適化されたブラックと濃いグレーで配色されたインターフェースになり、コントロールセンターからすばやくアクセスできるとのこと。

文字入力では、キーボード上をスワイプするだけで文字を入力できる新しいオプションもテストしているそうだ。「ヘルス」アプリでは、日ごとのアクティビティがよりわかりやすくなった新しいホーム画面にアップデートされ、イヤホンの音量や騒音の音量を管理・確認できる新しい「ヒアリングヘルス」、より包括的な生理周期のトラッキング機能も追加される。

また、人気アプリ「Duet Display」や「Luna Display」のようにiPadをMacのセカンドスクリーンとして利用できる機能が追加され、iPad専用のペンデバイス「Apple Pencil」で描画したり、Macの通知を確認することも可能になる。

標準アプリに多数のアップデート

「リマインダー」アプリでは、今日やるべきタスク/すべてのタスク/予定されているタスク/フラグ付きのタスクといった4つのセクションが並んだ新しいメイン画面が追加されるという。

「iOS 12」で追加された「スクリーンタイム」では、特定の時間において連絡を取れる相手を制限できる新機能が追加される。例えば、夜間は親としか連絡ができないといったルールを追加できるようだ。「Apple Book」アプリでは、ユーザーが多くの本を読めるように進捗機能や新しい特典システムが追加される。「iMessage」では、サードパーティのメッセージアプリ「WhatsApp」のような拡張機能が追加され、アニ文字やミー文字を送信できる専用のメニューが追加される。

地図アプリ「マップ」では、自宅や職場など頻繁に利用する場所として設定することでより簡単な経路検索が可能になるという。競合のGoogleマップでは検索ボックスに「自宅から東京駅」と入力するだけで経路を検索できるが、純正のマップアプリでも可能になるということだろう。なお、頻繁に利用する場所はグループ化して写真を追加することもできるそうだ。

「iPhoneを探す」と「友達を探す」アプリは、新しい「GreenTorch」アプリに統合されるという。自宅のカギに付けたりサイフに入れて紛失した時にGPS情報から紛失場所や現在地を特定するスマートタグ(またはスマートトラッカー)の「Tile」や「MAMORIO」のような機能を有する可能性もあるとのこと。さらに、標準の「メール」アプリでは、個々のスレッドをミュートしたり、特定の連絡先からのメールをブロックしたり、フォルダ管理が簡単になる。「ホーム」アプリでは、セキュリティカメラを追加して記録した映像を確認できるという。

「時計」アプリには、新しい「スリープモード」が追加される。コントロールセンターからオンにすると、「おやすみモード」がオンになり、ロック画面が暗くなり、すべての通知をミュートするとのこと。また、現在のベッドタイムでは、就寝時刻と起床時刻を設定すると、就寝時刻をお知らせして起床時刻にアラームを鳴らしてくれる。睡眠時間も記録(就寝時刻を過ぎてもiPhoneを使っている場合は睡眠時間を記録しない除外機能もある)してくれるが、スリープモードではさらに機能が強化され、将来的には新型Apple WatchのようなAppleのトラッキングデバイスと連携する可能性もあるそうだ。

Home PodとiPad向けの新機能も

まだ日本で発売されていないiOS内蔵のホームミュージックスピーカー「Home Pod」では、複数ユーザーの声を聞き取れるマルチユーザーモードが追加される。写真やウェブサイトを共有する時に利用するインターフェース「シェアシート」では、やりとりの多いユーザーを提案する。「Safari」ではダウンロードマネージャーがテストされているとのこと。

また、iPadではマルチタスキングのインターフェースがアップデートされ、ホーム画面の微調整、同じアプリでバーションを切り替えられる機能も追加される。また、「アクセシビリティ」は補聴器との連携が強化され、現在は「一般」の配下に設定が項目が用意されているが、設定画面のメインページに移動するそうだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2019/11/13
d払い、コンビニなどで+10%還元があすから開始

NTTドコモ

2019/11/12
「ドコモの学割」が12月から開始。1年間・毎月最大1,500円割引

iPadの噂・最新情報

2019/11/12
新型iPad Pro、発売日は2020年前半か

Apple Watch

2019/11/12
Apple Watch Series 6、より高速かつ高い耐水性能を実現か
Recommendこんな記事も読まれています