bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「iPhone 11 Max」、4,000mAhバッテリー搭載?ワイヤレス充電を高速化か

iPhoneの噂・最新情報

新型「iPhone 11 Max」、4,000mAhバッテリーやワイヤレス充電の高速化か

Photo by Ben Geskin

トリプルレンズカメラの搭載が報じられている新型「iPhone 11 Max」(仮称)

6.5インチのビッグディスプレイを持つ最上位モデルの最新情報としてバッテリーの大容量化やワイヤレス充電が高速化される可能性があるようだ。

バッテリーの容量は過去最大の4,000mAhに?

9to5Macが怪しげと表現するWeiboに投稿されたレポートによれば、今年Appleが発売するiPhoneの最上位モデルには広角・超広角・3倍望遠レンズで構成されるトリプレンズカメラや4,000mAhの大容量バッテリー、15Wの高速ワイヤレス充電、90—120Hzで動作するなめらかなディスプレイ、小型化されたノッチが採用されるという。

現行のiPhone XS Maxに搭載されているカメラは2つのレンズを搭載したデュアルカメラで、背景がぼかせるポートレート撮影や画質が劣化しない光学2倍ズームの撮影が可能だ。不満を持っているiPhoneユーザーは少ないかもしれないが、Androidユーザーにとっては物足りない。

ファーウェイが昨年発売した「HUAWEI Mate20 Pro」はまさに広角・超広角・3倍望遠レンズで構成されるトリプルカメラで、クオリティの高いポートレート撮影はもちろん、超広角レンズによって被写体に近い距離からでも全体を撮影することができる。3倍の望遠レンズによってより遠い距離からでも高画質のまま写真を撮影することも可能だ。

HUAWEI Mate20 Proのトリプルカメラで撮影

HUAWEI Mate20 Proのトリプルカメラで撮影

バッテリーは現在の3,174mAhから4,000mAhに大幅増量されるそうだ。現行モデルもiPhoneとして過去最大のバッテリーとなっているが、さらに大容量化し大幅な電池持ちアップが期待できる。嬉しいのはワイヤレス充電のさらなる高速化だ。

現在のiPhoneは最大7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応。iPhone XSではフル充電の時間が30分も短縮され、有線充電並みの速度で充電できるが、最大出力が2倍になればさらなる高速化によって有線よりも短時間で充電できるはずだ。

待望のノッチが小型化されるディスプレイは90〜120Hz駆動(1秒間に90〜120回の映像が書き換えられる)をサポートするという。これによってスクロール時に発生する残像が抑えられ、なめらかな映像再生が可能になる。なお、リフレッシュレートがアップすると電池持ちが悪くなるがバッテリーが大容量化されるとのことで大きな問題はなさそうだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/08/23
NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

HomePod

2019/08/23
ついに「HomePod」が日本で販売開始。価格は32,800円

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に

AirPods

2019/08/22
iPhone 11、新型iPad、AirPods 3など年内登場するAppleの新製品が明らかに
Recommendこんな記事も読まれています