iPhone 12、10月以降発売の可能性高まる

bio
Yusuke Sakakura

iPhone 12、10月以降発売の可能性高まる

Credit: EverythingApplePro

新型コロナウイルスの感染拡大によってさまざまな製品の発表・発売が延期されている。

今年秋に発売予定の新型iPhone(仮称:iPhone 12)も例外ではなく、いつもの9月ではなく10月以降に発売される可能性が高いようだ。

主要サプライヤーが発売の遅れを示唆

Bloombergによると、Appleの主要サプライヤーである半導体メーカーのブロードコムがiPhoneの発売が例年よりも遅れるとの見通しを明らかにしたとのこと。

ブロードコムCEOのHock Tanは決算発表で「北米の大手携帯電話」顧客の「製品サイクルの大きな遅延」に言及。名指しこそしていないが、TanはAppleに言及するときに同じ表現をよく使うそうだ。

Appleの製品サイクルが遅れることによってワイヤレス関連売上高の増加も通常より1四半期遅れるとし、ブロードコムの売上が第4四半期(10月〜12月)まで増加することはないと付け加えたという。

Appleは例年9月にiPhoneを発表・発売するが、11月発売となったiPhone Xのように大幅に遅れることもある。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、Appleの幹部やエンジニアがiPhoneが製造されている中国に入国できないことで開発工程に遅れが出ているようだ。

これまでにウォール・ストリート・ジャーナル、Ross Young、Ming-Chi Kuo、Jon ProsserなどがiPhone 12の発売日が10月またはそれ以降になるとレポートしている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています