iPhone 4デザイン復活せず?iPhone 14 Pro|Pro Maxの48MPカメラに突起増の噂

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/03/28 9:58

iPhone 4デザイン復活せず?iPhone 14 Pro|Pro Maxの48MPカメラに突起増の噂

約半年後の発売が噂されるAppleの新型スマートフォンiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでは、メインカメラの大幅なグレードアップが噂されています。

多数の実績があるアナリストMing-Chi Kuoによれば、メインカメラの画素数は現行モデルの12メガピクセルから4倍になる48メガピクセルに。これによってカメラの大きさ、厚みが増加すると伝えています。

8K動画の撮影に対応か

3月に入ってからiPhone 14 Pro|14 Pro Maxの寸法が書かれた図面が流出。ケースなどのアクセサリを開発するために必要な詳細なサイズ情報で、図面の出どころはこういった情報を必要とするサプライチェーンのようです。

当初の噂ではiPhone 4のようなフラットパネルになると報じられたこともありましたが、流出した図面によればボディの厚さは7.65mmから7.85mmに増加し、カメラの厚さも3.60mmから4.17mmに増加するようです。

流出したiPhone 14 Proの図面

流出したiPhone 14 Proの図面

これを受けてMing-Chi Kuoは、自身のTwitterにてiPhone 14 Pro|14 Pro Maxに搭載されるメインカメラの突き出しが大きく、目立つのは広角カメラが48メガピクセルにアップグレードされることが要因とレポート

また、イメージセンサーの対角距離が25〜35%も増加し、7枚構成レンズの高さは5〜10%も増加するとしています。

カメラの画素数が4倍に増加することで、写真を大画面で確認したりズームした時に荒さが目立ちにくく、4つのピクセルを1つの大きなピクセルとして扱うピクセルビニングによって、ノイズの少ない明るい写真の撮影可能。さらに、8Kビデオの撮影が可能になると報じられています。

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています