bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/05/15 8:47
  • トップページ
  • iPhoneの噂・最新情報
  • 怪しい予測、新型iPhoneは「iPhone 8s」で5cのような多色展開に?
  • 怪しい予測、新型iPhoneは「iPhone 8s」で5cのような多色展開に

    Appleは今年秋に3つの新型iPhoneを発売すると噂されている。そのうちひとつは6インチの液晶ディスプレイを採用した低価格モデルになるようだが、さらに5cのような多色展開になるとアナリストがレポートした。

    失敗した「iPhone 5c」のような多色展開に?

    Rosenblattのアナリスト、Jun ZhangはAppleが若年層をターゲットにした複数のカラーをラインナップする「iPhone 8s」を今年後半に発売するとレポートしている。名前は仮称なのか何らかの情報によるものなのかは不明。

    液晶ディスプレイを採用する「iPhone 8s」のカラーバリエーションはブルー、イエロー、そしてピンクといった鮮やかな色のラインナップになるようだ。多色展開の理由はAppleが毎年3機種を発売するサイクルをスタートさせていて今年は有機ELディスプレイを採用した2機種と液晶ディスプレイの1機種が発売されるがそれらを明確に差別化する必要があり、カラーバリエーションがそのひとつになるとしている。

    2019年に発売される新型iPhoneについてもレポートしており、トリプルカメラが採用されるとのこと。Appleが2019年にトリプルカメラを採用するとの噂は既に報じられていてズームしても画質が劣化しない光学式ズームを強化するとされていたが、Jun Zhangはトリプルカメラに3D顔認識が統合されるとしている。現在、顔認証「Face ID」や3D絵文字「アニ文字」のために搭載されているTrueDepthカメラがメインカメラにも搭載されてARのクオリティ向上に繋がるかもしれない。

    レポートどおりであれば「iPhone 8s」は“低価格”、“多色展開”となり、「iPhone 5c」を彷彿とさせる。しかし、9to5Macが指摘するとおりiPhone 5cは売れなかった失敗作。多色展開が失敗の原因とは言えないが、有機ELと液晶モデルの違いはサイズ・ディスプレイ・価格・カメラと報じられているとおり既に多くの差別化要素がある。そこにカラーまで追加する必要があるのか非常に疑問だ。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    iPhoneの噂・最新情報の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー