郵便局、SuicaやPayPay、iDなどキャッシュレス導入。20年2月から

bio
Yusuke Sakakura

郵便局、SuicaやPayPay、iDなどキャッシュレス導入。20年2月から

日本郵便が利便性の向上および増加する訪日外国人観光客への対応を目的として2020年2月3日から導入するキャッシュレス決済の取り扱いブランドと導入局を発表した。

全国65の郵便局で利用可能に

キャッシュレスの決済種類はクレジットカード、電子マネー、スマホ決済の3種類。クレジッドカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドが利用できる。

利用対象は、郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃、切手・はがき・レターパックなどの販売品(印紙を除く)、カタログ・店頭商品など物販商品の支払いとなっている。

導入局は全国65の郵便局。埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県では開始時から複数の郵便局で利用可能。2020年5月には約8,500局で導入を予定している。

決済種類
  • クレジッド・デビット・;プリペイドカード
    • VISA
    • MasterCard
    • JCB
    • AMERICAN EXPRESS
    • Diners Club
    • 銀聯
  • 電子マネー
    • iD
    • WAON
    • QUICPay
    • 交通系IC(Suica、PASMOなど)
  • スマホ決済
    • ゆうちょ Pay
    • Amazon Pay
    • au PAY
    • d払い
    • LINE Pay
    • メルペイ
    • Origami Pay
    • PayPay
    • 楽天ペイ(アプリ決済)
    • アリペイ(Alipay)
    • WeChat Pay

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています