bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/02/21 8:00
  • トップページ
  • ニュース
  • JR東日本、新幹線の無料Wi-Fiを5月に早期導入
  • JR東日本、新幹線の無料Wi-Fiを5月に早期導入

    Photo by waychen_c

    JR東日本が2018年夏ごろから順次導入すると発表していた東北・北陸・秋田新幹線の無料Wi-Fiの導入時期を2018年5月以降に早め、さらに、山形新幹線や中央線特急にも導入すると発表した。

    山形・東北・北陸・秋田・上越新幹線で5月から順次、無料Wi-Fiが利用可能に

    当初の予定から無料Wi-Fiの導入規模を拡大し、山形新幹線と中央線特急「スーパーあずさ」でも順次サービスを開始する。山形新幹線ではつばさ/やまびこ/なすのを対象に2018年度から導入、2019年度中に全編成でサービスを提供する予定。中央線特急「スーパーあずさ」では新型車両のE353系を対象に2018年12月から導入、2019年12月までに全編成でサービスを提供する。

    既に無料Wi-Fiの導入が発表されていた東北・北陸・秋田新幹線では、はやぶさ/はやて/やまびこ/なすの、こまち/やまびこ/なすの、かがやき/はくたか/つるぎ/あさまを対象に2018年5月から導入、2019年5月までに全編成でサービスを提供する。なお、上越新幹線では2018年度から順次E7系が導入されるのに合わせて無料Wi-Fiを導入する。

    JR東日本が新幹線や中央線特急に導入する無料Wi-Fiは、現在も駅で利用できる「JR-EAST FREE Wi-Fi」を車両でもシームレスで利用できるように提供する。利用にはメールアドレスの登録が必要、1回で3時間まで利用でき、1日何回でも利用でる。無料Wi-Fiが利用できる車両の車内にはステッカーが貼られる。なお、携帯電話の電波を使用したサービスのため、一部のトンネル内や山間部では利用できないことがある。

    JR東海でも今年3月から無料Wi-Fiの提供を拡大する。東海道新幹線や特急「ひだ」の車内、東海道新幹線全駅および一部の在来線駅で無料Wi-Fiが利用できるようになる。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー