bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

携帯料金値下げの新プラン、各社が来月にも発表へ

ニュース

携帯料金値下げの新プラン、各社が来月にも発表へ

10月から議論されてきた携帯電話の料金を値下げする取りまとめ案が本日午前中に有識者会議にて発表されます。

とりまとめ案には、昨日の報道のとおり高額なキャッシュバックや実質0円のような販売方法を見直すことや割安なプランで利用できる格安スマホの利用者を増やす対策が盛り込まれるとのこと。

値下げに向けた新プランは本日のとりまとめ案には含まれないものの、2016年1月にも公表されるようです。

ドコモは家族向けの割引サービスを拡大か

NHKによると、主要3社は2016年1月にも具体的な値下げプランを公表する方針とのこと。ドコモは家族で契約している利用者の料金を割引くことで家計全体の料金を引き下げる仕組みを検討。

携帯電話の利用料金を引き下げる方策を検討してきた総務省の有識者会議は16日、多くの利用者の値下げにつながる新たな料金体系を作るよう求める報告書を取りまとめます。これを踏まえ、NTTドコモは家族で契約している利用者の料金の割り引きを検討するなど、大手各社は来月にも具体的な値下げプランを公表する方針です。

引用元:携帯電話料金 各社来月にも値下げプラン公表へ NHKニュース

ソフトバンクは長期間契約しているユーザーの優遇策を、auは通信量が少ない小学生向けのジュニアケータイプラン、55歳以上向けのシニアプランの対象年齢を拡大することを検討しているようです。


今回の携帯料金見直しでは、キャッシュバックや実質0円から生まれる不公平感を解消するための携帯料金の値下げ案が議論されてきました。

不利を受けるのは買い替えの少ない長期契約者ということでしたが、キャッシュバックや実質0円の廃止または見直しによって長期契約者の料金を原資とする新規契約者の優遇は薄れることになります。

不公平感を解消したところで、各社が実施する値下げ案は「家族」「子供」「お年寄り」「長期契約者」といった一部の契約者を優遇するプランが提供されるようです。割引額や対象年齢の拡大範囲、適用範囲がわからない現時点ではありがたがって良いのかわかりませんが、NHKが報じた各社の値下げ方針をみるかぎり、行き届く範囲はそこまで広くはないと思われます。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2020/09/30
Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す
Recommendこんな記事も読まれています