bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/03/29 8:00
  • トップページ
  • Apple Watch
  • LINE
  • LINE、アップデートでApple Watchアプリが復活
  • LINE、アップデートでApple Watchアプリが復活

    LINEの最新版となるバージョン8.4.0がApp Storeで公開された。今回のアップデートでは位置情報のシェア機能が改善されたほか、昨年削除されたApple Watchアプリが復活している。

    LINE、バージョン8.4.0のアップデート内容

    2018年3月28日に公開されたバージョン8.4.0のアップデート内容は以下のとおり。

    • トークルームやタイムラインでシェアできる[位置情報]を改善
      • – 住所だけでなく、建物や場所の名前で位置情報をシェア可能
      • – 送受信時のメッセージのデザインを見やすく変更
    • トークルーム内の+メニューにファイル送信機能が登場
    • watchOS 4に対応したApple Watchアプリが登場
    • 外部キーボード利用時にCommand+F(検索)などのショートカット機能を追加

    Apple Watchアプリが復活

    今回のアップデートによって昨年12月に削除されたLINEのApple Watchアプリが復活する。

    Apple Watchアプリから新着のメッセージを確認してスタンプやボイスメッセージ、音声入力または定型文によるメッセージの返信が可能。定型文は最大10個、1つにつき20文字まで登録可能。iPhoneのLINEから「設定」→「Apple Watch」に進むと自由に編集できる。

    LINE、アップデートでApple Watchアプリが復活

    位置情報シェア機能が改善

    トークルームやタイムラインの「+」メニューから利用できる位置情報のシェア機能が建物や場所などで検索してシェアできることで格段に使いやすくなった。なお、受信した時に表示される位置情報のデザインも見やすく改善されている。

    LINE、アップデートでApple Watchアプリが復活

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    LINEの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー