bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPhone、Apple SIMの「DSDS」に対応か

iPhoneの噂・最新情報

新型iPhone、Apple SIM搭載の「DSDS」に対応か

今年秋の発売が予想される新型iPhoneにはディスプレイサイズが異なる3機種がラインナップされると噂されており、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応したモデルも存在すると報じられているが、新たにデバイス内蔵型のeSIMをサポートしたDSDSに対応するとの噂が報告されている。

一部地域ではデュアルSIMカードトレイに?

中国の21st Century Business Heraldが新型iPhoneには通常のSIMカードに加えてeSIMの「Apple SIM」が内蔵されることでデュアルSIM・デュアルスタンバイをサポートすると報じている。

2014年に発売されたWi-Fi+Cellular版のiPad Air2/iPad mini3で初めてサポートされた「Apple SIM」は、iPad上でキャリアやプランをカンタンに選んで契約ができるSIMカードだ。一部を除くiPad Proシリーズでは物理的なSIMカードではなく内蔵型のeSIMとなっていてSIMカードを入れ替えることなく利用できる。

Apple SIMが利用可能な180以上の国と地域で販売される新型iPhoneにはApple SIMが内蔵されるようだが、中国など非対応地域で発売されるモデルには2つの物理的なSIMカードを挿入できるカードトレイが採用されると報じており、販売地域によって仕様が異なるようだ。

デュアルSIM・デュアルスタンバイは、2枚のSIMカードおよび契約している回線を同時に待ち受けできる機能。例えば、データ通信は契約している通信容量の多い回線や通信速度が高速な回線を使い、音声通話は通話し放題の回線を使う、といったことが可能になる。Androidスマートフォンでは対応するモデルも多く好評な機能だ。

Apple Insiderなどの海外メディアは怪しい噂として報じるなど今回の情報を伝えたメディアにはリークの実績がなく信ぴょう性は乏しい。

ただ、新型iPhoneがDSDSをサポートするとの情報は既に報じられていて最も信頼できるアナリストは6.1インチの液晶ディスプレイを搭載する低価格モデルに採用されるとレポートし、Bloombergは6.5インチの有機ELディスプレイを搭載する「iPhone X Plus」に採用と報じるなどDSDS対応の可能性は高そうだが、Apple SIMによるDSDSの実現については微妙なところだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2019/05/20
LINE Pay、最大20%還元の「Payトク」を6月1日から開催

LINE Pay

2019/05/20
LINE Payの300億円祭がスタート。参加方法などやり方を解説

Googleニュース

2019/05/20
世界2位のファーウェイに大打撃、GoogleがAndroidアップデートなど提供停止か

au

2019/05/19
Xperia 1、Galaxy S10など2019年夏モデルの価格比較・発売日まとめ
Recommendこんな記事も読まれています